東京人 2014年 06月号 [雑誌]

  • 都市出版
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910167250643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今月号、面白かったよー。

    「いまも残る江戸の遺構」のコーナー、
    邸内社とはなんぞや?

    それは大名屋敷の中にあった神社のこと、

    たまに「なんでこんなところにこんな風に神社が…?」
    と思うところあるけれど、
    そんな秘密が隠されていることがあるようだ。
    (虎ノ門の金毘羅宮もそうだって、納得!)

    大名屋敷の遺構、
    くねる道路や、石垣、
    意外なところで、
    木はいまでも残って元気にしているところが
    あるらしい。

    特集ではないけれど、歌麿の「深川の雪」を読み解く、
    と言う記事も楽しめた。
    女の人が布団を運んでいるから、
    前掛けをした軽子(中居)がいるから、
    この場所は深川とわかる、などなど…

    普段、ちょっとハテナ?と思ったことも
    なんとなく通過してしまうけれど、
    こうして教えてもらえると、それが発見となり、
    今度そういった場所をみると愉快な気持ちになれる、
    と言うのが良いですね。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「大名屋敷の中にあった神社のこと」
      確かに、それは面白そう。。。元大名屋敷だから、東京特有のコトなんでしょうね。
      他の地域の事例については、あまり知らないのですが、大阪には道の中に社があったりして、撤去しようとした作業員が亡くなった。と言うような話が、、、
      レファレンス協同データベース
      「道路上にある神木や社について書かれた本があれば教えて欲しい。」
      http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101437
      2014/05/07
    • 日曜日さん
      邸内社のところで、怪異現象が近隣で起きて、調べたらあるお屋敷の邸内社を軍が埋めてしまっていて…と言うエピソードが載っています。
      2014/05/11
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「怪異現象が近隣で起きて」
      うーーー怖いよぉ
      2014/05/12
全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする