1日5分ミニノート仕事術 ──仕事のゴチャゴチャが解決するシンプルな仕組み [Kindle]

著者 :
  • パンローリング株式会社
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (99ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自慢できることではないが、ズボラである。ズボラなので、TO-DOリストなど作ったことはないし、生涯作らないだろうと思っていた。もともと忘れるような仕事は 重要ではないし、重要な仕事であれば、ほっておいても、誰かが思い出させてくれるはずである。したがい、TO-DOリストなど、不要であると信じていた。

    で、この本は「TO-DOリストの作り方本」の亜流である。
    しかし、それだけではなく、次のような特徴もある。
    まずは、仕事の内容を吟味し、以下の4カテゴリーに仕事を分類する。
    A:改善業務や新たな価値を生み出すような新規事業
    B:緊急業務
    C:通常業務
    D:やってはいけない仕事
    そして、Aが全体の2割程度になることを目標とする。これが、業務の見直しにつながるという。
    また、目標作業時間を書く。明日以降に終わらせる仕事は期限を記入する。仕事に順番を付ける。新しい仕事が入ったら、その都度加えるといったルールがある。

    実は、この本は1ヶ月前に読み終わり、読了と同時に試してみたが、とても良い。まずは、作業時間を書くことで、面倒と思っていた仕事も、やり始めれば10分程度で終わるものが、大半であることがわかった。また、今日終わらない仕事は翌日以降も、終了するまで記入しなければならないというルールがあるので、面倒で後回しにしていた仕事が格段に減った。また、やり終えた仕事を眺めるのは、ある程度の達成感も得られる。

    ただし、著者はコンサルタント。自分を売り込まなければならないという習性があるため、本の内容は、著者の自慢話が多い。
    紹介されるノートの使用方法は役に立つが、自慢話に付き合わなければならないという欠点もある。
    サンプル版にノートの作り方のポイントが書かれてあり、表紙がノートの見本。わざわざ買わなくても、サンプル版だけでも事足りるかもしれない。

  • 単純なことだけど、続けられるのか、これが大事。何を今さら当たり前、を徹底してできるのか、そこができる人との分かれ目ね、とあらためて思う。

  • 20114/05/06 
    単行本¥1404→Kindle¥500

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

成長戦略コンサルタント/「最速成長法」開発者
株式会社百年経営 代表取締役

千葉県生まれ。東京音楽大学在学中よりプロミュージシャンとして活動。有名ジャズバンド「森寿男とブルーコーツ」のリードトランぺッターとして活躍し、日野皓正、小林幸子をはじめ、幅広いジャンルのトップアーティストたちとの共演を果たす。

その後、ミュージシャン時代に体得した上達法を体系化させて「最速成長法」と命名。自らその方法を実践し、30歳でサラリーマンに転職後、たった3年で部長職に昇進する。その後は経営企画担当として事業計画策定やアメーバ経営導入に従事。独立後に12社のCFO(最高財務責任者)を歴任する。

現在は、成長戦略コンサルタントとして、ミニノート仕事術など「最速成長法」を企業に導入し、成長戦略の策定と最強の組織づくりで、すぐに稼げる仕組みを提供している。これまで600社以上のクライアントが次々と業績を向上し、いま日本で最も予約待ちの多いコンサルタントの一人である。


「2013年 『1日5分ミニノート仕事術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

1日5分ミニノート仕事術 ──仕事のゴチャゴチャが解決するシンプルな仕組みのその他の作品

山崎城二の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする