年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 [Kindle]

制作 : 池村 千秋  安田 洋祐(解説) 
  • プレジデント社
3.89
  • (9)
  • (15)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :133
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (249ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イノベーション集積地に関する本。
    イノベーションが生まれたところには高付加価値の人材が集まり、それがさらに企業誘致・イノベーション創出に貢献する。
    現象については記載があるけど、それができるメカニズムは、偶然によるところが大きい模様。
    日本や奈良がその地位に昇るにはどうすればいいのだろうか?

  • 面白い。

  • 年を跨いで読了。既に刊行から3年半も経過しているので、新たな発見と感じるものは特になかったが、今日の地域活性化策や地方創生の政策・施策の根底にはこの考え方があるのだなということがよく分かった。但し学者らしく、言葉が抽象的であるものが多く、データも”大きすぎる”ものが多いため、「それは本当?」「具体的にどういう意味?」という箇所も多かった気がする。”大きな流れ”を理解するのには良いのかもしれないが、読んで実際にどのような役に立つのか、効果がアウトプットできるようになるのかが、私レベルの能力では、ちと分かりかねる内容であると感じた。

  • Kindleは洋書専用のつもりだったが,セールにつられて和書を初購入.邦題はダメすぎるが,内容はとてもまともな一冊で,「地域格差」「産業構造シフト」「移民」などニュースによく出てくるキーワードを知るにはもってこいだと思った.データが掲載されていないのは残念だが,参考文献が豊富で信用できる内容に思われる.本書の大部分はアメリカについての分析であり,日本についてはわずかしか書かれていないが,特に変なことを書いていないのも好ましい.以上より,かなりおススメできる一冊.

  • イノベーション産業の集積が都市や地域の賃金や教育の格差を生む…そのメカニズムとを解き明かした本です。
    アメリカ国内の現状を元にしたものですが、大都市と地方の格差が顕在化した日本でも参考になるのではないでしょうか。

  • タイトルはえげつないけれどいたって真面目な経済学の本でした。つくば市をはじめとする学術研究都市の関係者の方にはよい内容かもしれないと思います。

  • 日本の話ではないのでいまいちぴんと来ない。

  • 面白い。
    もう一回読まないと、しっくり理解できない。
    良書かと。

  • 題名で忌避しまっていたが原題は「THE NEW GEOGRAPHY OF JOBS」新たなイノベーションを生む産業クラスターが根付いた都市は、選ばれなかった都市と比べると単純労働の給与も上がるという。現代社会の雇用に大多数はローカルなサービス業が占めている。シリコンバレーですらハイテク企業に勤務している人より、地元のお店で働いている人の方が多い。アメリカではすべての雇用の2/3が非貿易部門、つまりそのサービスを他の地域に輸出できない

    しかし、貿易部門の産業で労働者の生産性が高まると、その産業だけでなく、ほかの産業でも労働者の賃金水準が高まる傾向がある。過去には製造業の賃金が上がると、ほかの産業でも賃金が上昇した。人材確保のためだ。最近ではハイテク産業の雇用が他の産業に波及するようになり乗数効果は5倍だと言う。

    例えばアップルの直接雇用は1万2千人だが地元のサービス業にさらに6万人以上の雇用を生み出している。著者の分析によれば伝統的な製造業の場合1件の雇用増が地元に1.6件のサービス関連の雇用を生むが、非常に高給取りのハイテク産業には及ばない。シアトルの場合直接雇用はボーイングがマイクロソフトの2倍に及ぶが地域に生み出している雇用はマイクロソフトの方がずっと多い。

    マイクロソフトの創業は1975年、ニューメキシコ州アルバカーキで79年にシアトルに移ったが当時のシアトルは絶望の街と呼ばれ今のデトロイトのような状況だった。犯罪も多く学校の質も悪い。マイクロソフトがシアトルを選んだのはただビル・ゲイツとポール・アレンがシアトル出身だったからだ。それが今ではシアトルはアメリカ屈指のイノベーションハブとなり、アルバカーキは停滞している。シアトルは大卒社が人口に占める割合が45%に達し、シアトルとアルバカーキの大卒者の初任給の差は1980年には4200$だったのが今では14000$に拡大している。市民生活のあらゆる側面で明暗がわかれ今や殺人事件の発生率にいたってはアルバカーキの方が2倍以上多い。

    大卒者の割合が最も高いコネチカット州スタンフォードでは高卒の平均年収も10万$を超える。これは極端な例だが大卒者の多い都市の高卒者の平均年収は大卒者の80%前後となっておりほぼ5万$を超えてくる。これは大卒者の少ない都市の大卒者の平均年収とほぼ変わらずこちらの高卒者の平均年収は大卒者の60%前後に留まっている。平均年収が高い都市の家賃や物価が高いにせよかなりの差だ。ハイテク産業の集積地には高度なスキルを持った人材が集積し年収を押し上げるだけでなく、知識の伝播が促進され高い技能を持たない人たちの生産性も向上する。ある都市における大卒者の数が増えれば高卒者の給与の伸びは大卒者の4倍に達する。

    最後の方に1980年代に世界市場を席巻していた日本について言及しているがアメリカが世界の国々から最高レベルのソフトウェアエンジニアを引き寄せたのに対し日本では法的、文化的、言語的障壁により人的資本の流入が妨げられ、人材の層が比較すると薄かった。専門的職種の労働市場の厚みは、その土地のイノベーション産業の運命を決定づける要因の一つなのだ。移民か教育かであれば日本は教育への道を取り法的規制を緩和するしかイノベーション産業発展の道はなさそうに思える。

  • 2015.04・03 発展する地域の高卒の年収は、衰退する地域の大卒より年収が多いという。典型的な場所はシリコンバレー。高給のIT企業で働くものばかりでなく、そのエリアのサービス業で働く者も恩恵にあずかることができるようだ。アメリカでは(日本も同じだと思われるが)、知識資本が集まる都市とそうでない都市で、都市間の格差が大きく広がっているらしい。

全15件中 1 - 10件を表示

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学のその他の作品

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学 単行本(ソフトカバー) 年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学 エンリコ・モレッティ

エンリコ・モレッティの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学を本棚に登録しているひと

ツイートする