30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書) [Kindle]

著者 : 小出義雄
  • KADOKAWA / 角川マガジンズ (2014年5月29日発売)
4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (105ページ)

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半どれだけ抑えられるかが鍵。サブスリーなら週6走って、うち三日はきちんとトレーニング。20-25キロを、最後を全力で走るやつを週末にやる!また気合いを入れ直してくれた一冊。

  • マラソンを始めて4年ほどになる。今までランニングの本というと2冊ぐらいしか読んだことがなく、アプリが作ってくれるトレーニングメニューや自分なりの考えで走ってきたが、ここ2年ほどは3時間半前後のタイムでくすぶっている。しかもほとんどの場合、35キロ過ぎの後半に必ず失速してしまう。

    いま以上にタイムを縮めたいということだけを第一義に走っているわけではないのだけれど、こうも毎回自己記録を更新できないレースが続くと、いささか単調に思えてくる。

    というわけで、ちょっと久しぶりにランニングの本でも読んでみようかと探したところ、ちょうど今の自分にピッタリなテーマだったので早速読んでみた。「なるほど」と思うことも多く、できる範囲で練習法を修正してみようと思う。その結果がどうなるかわからないが、新しいやり方でやってみること自体、楽しいことである。

  • サブ4を達成してから読んでみたが、まさに帯に短し襷に長し。ただ、レベルアップをするには必要な練習内容ガキされており、だいぶ参考になりました。

  • 再読。基本を確認。

    50歳になって、これからは40代の自分の記録がライバル。自己ベストを目指して走り続けるために、もう一度基本に戻って、長く走る、速く走るという両面からトレーニングを積み重ねたい。

    (2014年9月19日)
    35キロ地点で力が残っているように、前半は抑えて走る。そのための練習法を解説。他の小出さんの本と書かれていることは変わらないけれど、本を変えて読んでみるとまた新鮮。レース3日前にキツイ練習を入れて、脚を重くしてレースにのぞむと、後半型の走りができるというのは、あらためて目から鱗でした。

  • 次のフルマラソンでは自己新が出せる気がする!(*^_^*)

全5件中 1 - 5件を表示

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)のその他の作品

小出義雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする