ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち DVDコレクターズBOX

監督 : 廣木隆一 
出演 : 寺島しのぶ  木村文乃  溝端淳平  真野響子  奥田瑛二 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年8月8日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142011213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「100回泣くこと」「ヴァィブレター」の廣木
    隆一監督が実際の結婚詐欺連続不審死事件に着
    想を得て作り上げたサスペンスドラマです。
    雑誌編集長の万里は、自殺した元恋人が婚活サ
    イトで知り合った恵という女性と婚約していた
    ことを知ります。やがて恵が複数の男性と婚約
    し、直後にみな謎の死を遂げていたことが明ら
    かになっていきます。
    結婚詐欺の女が抱える孤独と狂気が、彼女の悲
    劇的な過去とともに浮き彫りになります。
    寺島しのぶが男たちを骨抜きにする悪女を怪演
    していました。男を安心させる恵の独特の魅力
    を体現した寺島しのぶの生々しい演技は圧巻で
    した。実際に起きた結婚詐欺連続不審死事件を
    モチーフにしたドラマなので、実際の事件とフ
    ィクション部分を比較して鑑賞するとより面白
    く、恵の生まれ育った土地で記者が過去を探る
    エピソードも興味深く感じました。

  • 寺島しのぶは良かったけど、木村文乃のくだりは全部要らないかなと思う。濃い物語を薄めてる気がしてつまらない。
    寺島しのぶの演じた恵のストーリーをもっと観たかった。
    万里(木村文乃)が「恵の気持ちがわかった気がする」とか言ってたけど、なんだそりゃって感じ。いちいち感傷的だし稚拙すぎる。
    女同士ってもっと全然違うと思う。
    親和性と拒絶感、タブーとわかっていながらの羨望、魅かれ合うものと軽蔑...など、全部が混ざるけれどマーブル模様みたいに完全には混ざり切らなくて。
    そういう女の感情が出ていたら良かったのになと思う。
    簡単に感情的に理解したり...そういうのは無いです。
    結局男性が書いた物語だなという感が拭えない。

  • 寺島しのぶさんの憑依っぷり、、、すごい、引き込まれる。

    罪ってなんだろう。
    それを許す、許さない、って何だろう。

    恵の父親以降の男性との関係性、もっと深く見たい、そこでの恵の変化も見たい、と思った。
    島での生活、父親との関係性が原点なのだろうけど、わたしはそこが気になった。

  • 木嶋佳苗死刑囚の事件を元にしたフィクションドラマ。
    木嶋佳苗のノンフィクションも読んだが、
    演じている寺島しのぶのファッションや嗜好、女子力etcキャラづくりはかなり近い感じ。
    なんかひょうひょうとした感じも怖い。

    でも死刑囚なのに獄中結婚して、旦那のことや、食べ物、今治タオルがうんちゃらとか普通の主婦みたいなブログを書き続けるご本人のほうがやっぱり怖い。
    事実は小説より奇なり。ですね。。。

  • 寺島しのぶさんの演技が良かった。
    内容は・・・

  • 赦される罪、赦されない罪…

    美しさは赦されない罪なのだろうか。
    醜さは赦される罪なのだろうか。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1954年福島県生まれ。映画監督。「ヴァイブレータ」「軽蔑」など、文芸作品の映像化に定評がある。 他の映画に「余命1ヶ月の花嫁」「さよなら歌舞伎町」、脚本もつとめた「RIVER」「海辺の町で」など。

外部サイトの商品情報・レビュー

ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち DVDコレクターズBOXを本棚に登録しているひと

ツイートする