武器としての決断思考

著者 :
  • 株式会社星海社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 1920236008207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学の時、自分の学生生活時の意思決定にモヤモヤしていて読んだ本。

  • 本書は、著者がいま、京都大学で二十歳前後の学生に教えている「意志決定の授業」を一冊に凝縮したものです。今後、カオスの時代を生きていく若い世代にいちばん必要なのは、意思決定の方法を学ぶことであり、決断力を身につけることです。もう過去のやり方は通用しないし、人生のレールみたいなものもなくなってしまいました。「答え」は誰も教えてはくれません。となれば、自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていくしかないのです。仕事をどうするか、家庭をどうするか、人生をどうするか?この本で私と一緒に「自分で答えを出すための思考法」を学んでいきましょう。きっと、あなたの人生を変える授業になるはずです。

  • この本の最も重要なメッセージは、「自分の人生は自分で決めて、自分で進んでいってほしい」。そこで、人生の中で何度でも出くわすであろう重要な「決断」を迫られたときに、どのように考え、どのように行動していったら良いのか。そのための思考法として、ディベートの方法を用い、具体的に説明している。そこで出す「決断」はあくまで現時点における「最善解」であり、後に修正したりして進んでいくことが求められることもある。以下に要約する。

    1.問題設定
    問題が漠然としていては解決策が導きにくい。その場合は小分けにして考え、議題は常に「○○するか、否か」と明快にする。

    2、議論
    賛成側・反対側に分かれる。1人でやるときは、メリット、デメリットをそれぞれ挙げて比較する。メリット・デメリットにはそれぞれ3条件あり、それを満たさないとメリット・デメリットとして成り立たない。
    ◎3条件
    ・メリット…内因性、重要性、解決性、(現在何らかの問題があり、それは重要であり、○○することでその問題が解決する、ということを挙げる)
    ・デメリット…発生過程、深刻性、固有性(○○することで生じる問題があり、それは深刻で、○○することによって初めて生じる問題であることを示す)

    ◎反論
    メリット・デメリットの3条件それぞれに対して反論していく。「それは本当に重要か?」「○○することで本当に解決するか?」「その問題は○○しなくても既に起きているのでは?」等々といったように、チェックしていく。あくまで論理的にツッコミを入れていく。根拠が大事。
    また、そのほかの考え方として、主張と根拠の橋渡しである推論部分にも反論を加えられる。演繹・帰納・因果関係といった論理的思考にも注意しそれぞれの欠点を覚えておけば、論理の間違いについて反論が出来ることもある。

    3.判決・決断
    正しい主張とは、根拠があり、かつそれが反論にさらされ、反論に耐えたものである。
    反論に耐えたメリット・デメリットを比較して決断する。どちらが重要かは、「質×量×確率」で決める。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

瀧本哲史(たきもと てつふみ)
?(生年月日不明) ~ 2019年8月10日
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授、経営コンサルタント。東京大学法学部で民法を専攻し、卒業と同時に同大学大学院法学政治学研究科助手に。アカデミズムで大変評価されていたが、マッキンゼー&カンパニーに入社を経て、投資家として独立。若い起業家を支援するエンジェル投資家として活動しながら京都大学で教鞭をとり、多くの著名人に影響を与えてきた。著書に、『僕は君たちに武器を配りたい』(ビジネス書大賞2012受賞)、『君に友だちはいらない』『ミライの授業』(以上、講談社)『武器としての決断思考』(星海社)など。2019年8月10日、47歳で逝去したことが16日に報じられた。

武器としての決断思考のその他の作品

瀧本哲史の作品

ツイートする