マチェーテ・キルズ [DVD]

監督 : ロバート・ロドリゲス 
出演 : ダニー・トレホ  ミシェル・ロドリゲス  ソフィア・ベルガラ  アンバー・ハード  カルロス・エステベス(=チャーリー・シーン 
  • Happinet(SB)(D) (2014年9月2日発売)
3.21
  • (2)
  • (10)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953062610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロバート・ロドリゲスの悪ふざけ映画2作目。
    映画好きの中・高生にしこたま金渡したら作りそうな映画です。
    大学映研とかだともう少し恥じらいがあって違う道に進みそう。

    主演はダニー・トレホ。
    前作ではラスボスがスティーブン・セガールというサプライズに加え、
    各種有名人がボロボロ出ておりましたが、今作もその路線は健在。

    有名人が、拘束可能な時間の限り、ちょっとづつだけど
    それなりに活躍&ひどい目にあいます。

    前作で登場したジェシカ・アルバは再登場はいいものの冒頭で速攻死亡。
    次に「ハイスクールミュージカル」のヴァネッサ・ハジェンズが登場すると嫁が速攻で
    「あ、すぐ死ぬよこの人」
    俺が有名人と認識する前に予言するな。そして当てるな。

    今回の悪者はまたまたまさかのメル・ギブソン。
    そしてこりゃ、ちょい役かな、と思ったレディ・ガガがかなりの活躍をし、
    前作から引き続いてのミシェール・ロドリゲスも後半のヒロインといえる働き。

    前作、といえば前作敵方だったトム・サヴィーニが味方になりましたね。
    ただ、彼が「フロム・ダスク・ティル・ドーン」で装備していたチンコガンは
    ソフィア・ベルガラ演じるマダム・デズモーナのものになっていましたが。

    ガトリング・ブラもイカしていましたが、
    腰のグラインドと共に発射する彼女のチンコガンは、
    サヴィーニよりもモノにしている感があって素晴らしかった。

    そして久々に見たアントニオ・バンデラス。
    大統領役にはカルロス・エステベス名義で(何でだ?)チャーリー・シーン。
    兄貴のエミリオ・エステベスはどこに行ったのかな?

    そんなキャストで「キャンプ映画」というのかな、くだらない突っ込みどころ満載すぎの展開が繰り広げられると。
    スターウォーズパロが結構出てきたが、メル・ギブソンのマスクはGIジョー?DR.ドゥーム?


    そしてまさかの次回へ続く。
    しかもそれが冒頭の「また嘘予告かい!」と思ったらマジw

    …これは「そういうネタ」という事だと10中8・9思うんだけど
    是非実現させて欲しいんですよ…。

  • う~ん、まぁいいんだけどなんか物足りない感じ。
    アクションは楽しいし、出演者も濃いのだけど…ストーリーかな?
    でもまぁ細かいギャグも色々とあって楽しかったのでOKです。
    万が一続編が作られることがあれば嬉しい。

  • 荒唐無稽さに磨きがかかって帰ってきた。
    ダニー・トレホが高齢のためアクションがもたつくのはご愛嬌。その代わり不死身だし、周りのアクションがそれをカバーするぐらい派手。頭使わなくていい映画って楽しいーーッ!!
    低俗感は健在だし、前作が好きなら是非観て欲しい。

  • 銃撃戦がそこらじゅうで展開されるが、すべての銃撃戦が意味がないように見えてくるくらい、常に銃が打たれている、バカバカしさの極限にいきそうなところを、すれすれでストーリーの面白みを保っているのは職人芸の域とも思うが。何のために作っているのだろう?と考えてはいけない映画だと思う。そもそもこの監督はそこに価値があるのだろう。

  • 「午後のロードショー」にて。1作目は見てないのですが、主役のおじさんがカッコよくない分、豪華な脇役が盛り上げるというのは、方法論としてはアリでしょう。ジェシカ・アルバ、ヴァネッサ・ハジェンズ、アントニオ・バンデラスなんかがドンドン死んでいくさまは、爽快ですらある。

    あと、最後に架空の続編が出てくるコメディにハズレなし(ほかには「22ジャンプストリート」しか思い浮かびませんけど)。

  • 【マチェーテ・キルズ】予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=yFCyZQLNjns

  • 今回はアメリカ大統領からの依頼でワシントンに向けられたミサイルを止める為に首謀者を暗殺する事を命じられメキシコのアカプルコに向かうというお話。前作同様、残忍でグロクてちょっとエロい感じは変わっておりません。俳優・女優陣ではなんとメル・ギブソンさん、チャーリー・シーンさん他、ガガ様まで出ちゃってます。もー、なんでもありかな。

  • 何かの映画で観た記憶があるものの思い出せないダニー・トレホが主演のバカ映画。メル・ギブソンやチャーリー・シーンにレディー・ガガが共演で予告編も良かったため期待したものの、単なるバカ映画で終わってしまった。マチェーテがヨロヨロ歩いていて格闘シーンもヨロヨロ。撮影時は69歳のはずだから無理もないが。続編もあるようだがこんなおふざけにはもう付き合えない。

  • ロバート・ロドリゲス監督の悪ふざけ映画の続編。悪ふざけ度が増した分面白みが減った気がします。

  • 前作の方が面白かった

全20件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする