いとしいたべもの [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (134ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身近な食べ物にまつわるエッセイ。メロンパンへの憧れのあたりとかすごーく良くわかる!と頷きながら読みました。なんだか郷愁がかきたてられる作品。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

森下典子(もりした のりこ)は、日本のエッセイスト。『週刊朝日』のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版。それ以後、ルポ、エッセイなどを執筆している。
『いとしいたべもの (文春文庫)』『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)』『猫といっしょにいるだけで (新潮文庫)』など。

いとしいたべもののその他の作品

いとしいたべもの 単行本 いとしいたべもの 森下典子

森下典子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする