ひまわりの約束

アーティスト : 秦 基博 
  • アリオラジャパン (2014年8月5日発売)
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988017689813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秦基博さんは弟がファンでCDアルバムを何枚か持っていた。昔ちょっと借りて聞いてみたのですが、見事に恋愛の歌ばっかりでこりゃいかん、と思ってすぐに返した。それから何年か後、ドラえもんの映画の主題歌で『ひまわりの約束』が大ヒット。この曲は友情の曲としても成立するみたいなので良かったです(^^)優しく伸びのある声で歌われる繊細な世界観の歌詞。最初のフレーズ「どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに」でふたりの関係性を伝える手腕はすごいなー。ここで聴いてるほうはいきなり涙腺緩みます。「がらくただったはずの今日が ふたりなら宝物になる」も素敵。
    でも秦さん、めちゃめちゃモテそうですね。

  • 秦基博はどうしてこんなにやさしい歌をうたえるんだろう。「ひまわりの約束」では、今までもらってきたやさしさを大切な人に返していきたいという、あふれそうなほどの思いやりを感じて、心がじんわり温かくなる。自分の事ばかり考えていた頭をあげて、自分がたくさんの大切な人々に囲まれていたことに気付いたときに生まれる、その大切な人たちにの為に何かをしたいという気持ちは、とても尊いものだと思う。最近私の思うところと重なる言葉が散りばめられていて、耳を傾けずにはいられなかった。

    カップリング曲の「海辺のスケッチ」では、夏が終わる寂しさと叶わぬ片想いの切なさが重なり、心がきゅっと苦しくなる。主人公の前にも後ろにも進むことができない恋に縛られ惑う心が、海の波のように絶えることなく揺らめいている。

    音楽プロデューサー・島田昌典のピアノと秦のギターによるアコースティックバージョン「グッバイ・アイザック」はひたすら楽しい!遊び心があるピアノアレンジがいい☆先の2曲で心の深い場所へ沈みこんだ心を引っ張り上げて、前向きな気分にさせてくれる。

    シングルなのに、曲の雰囲気によってがらりと色が変わる秦の歌声を堪能できる1枚だった。弾き語りベストアルバムも楽しみ!

  • CDTV春スペシャル
    卒業ソング音楽祭2017より

  • ドラちゃんとのび太くんを思い浮かべながら聴くと、たまらなくいとおしい気持ちになる。

  • 外国人歌うまい選手権的なテレビで外国人の方が上手歌ってた。

全5件中 1 - 5件を表示

ひまわりの約束のその他の作品

ひまわりの約束はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする