誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち (集英社学芸単行本) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (179ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 虐待が生む異常行動。
    人を壊すって恐ろしい。

  • ニュースで知る虐待事件は、あくまで結果として出てきた表面的な情報だということがよく分かりました。どのような環境で子供たちが生きてきたかや、子供たちの状態、また母親になった女性のリアルな話など、問題の難しさを感じました。虐待を受けた子供たちに家族の温かさを知って欲しいと強く思いました。

  • 虐待を受けた子どもたちのその後を追ったノンフィクション。保護施設に入れられ徐々に他人を受け入れられるようになり、社会に順応できるようになっていくのには感動する。だからこそ虐待をなくしていかなければという思いを強くする。

  • 読んでいると口の中が苦くなる。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

黒川祥子(くろかわ・しょうこ)
ノンフィクション作家。1959年福島県生まれ。東京女子大学卒業後、弁護士秘書、ヤクルトレディ、業界紙記者などを経てフリーランスとなる。おもに事件や家族の問題を中心に執筆活動を行っている。2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち』(集英社文庫)で第11回開高健ノンフィクション賞受賞。その他の著書に『熟年婚 60歳からの本当の愛と幸せをつかむ方法』(河出書房新社)、『「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか』(集英社インターナショナル)などがある。

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち (集英社学芸単行本)のその他の作品

黒川祥子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする