ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]

監督 : デイビッド・イェーツ 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月16日発売)
3.65
  • (9)
  • (24)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :183
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967069013

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんですかねー
    決して楽しく明るい話じゃないのに惹かれます

    また周りのキャストがめちゃめちゃ魅力的なんですよね
    ほんとならでは。

    USJに行くので一生懸命見ていますw

  • huluの全作配信で視聴。この5作目が今までで一番面白かった。対決モノの要素が強くなったせいで、ファンタジーに今ひとつピンとこない自分にも見易くなったみたい。

  • さてさて、盛り上がって参りましたー!!

  • 面白いっちゃ面白いが、自分としてはそこまではまれない。
    コーネリウスVSダンブルドアの構図を描いた話。

  • ハリポタ・シリーズの第5作め。
    ハリーもすっかり筋トレ好きそうな体型になっちゃって、初恋のあまり美人じゃない東洋系の女の子と濃厚キッスをしたりしていました。

    このシリーズはヴォルデモート卿の復活とともにどんどん大人の汚さと子どもの残酷さ濃度が増してきて、観ていて「楽しい」というよりイヤな気持ちになることのほうが多くなってきました。

    最終的には善が悪を打ち負かすんだろうけれど、やっぱりその過程で必要以上に傷つく展開になっているよ。
    そのモヤモヤを早く晴らしたくて、続きが気になるって感じなのかな?

    ハリーの父親が実は傲慢でいじめっ子だったことも判明。
    それを知ったハリーは良い気持ちじゃないだろうね。

    まぁ、人には善の部分もあればダークな部分もあって、どちらに転ぶかは環境次第なのだなって思いました。

  • 過去シリーズの中で一番よくわからない展開だったかもしれない。前作が唐突にダークな感じで終わったので、その流れをひっぱっているかんじ。前作を見ていないとなんのこっちゃ。ハリーもなんか迷惑かけたくないから一人で頑張ると周りと溝がある。それを乗り越えようとしている感じもちょっと寒い。新校長のオバチャンはうざいし、見ていてすかっとするようなことも楽しいこともなく。

  • 金曜ロードショー。
    ハリーポッターは全部観たことあると思っていたら、多分このシリーズ観たことないから、全部が新鮮だった。

  • だんだん展開がシリアスになってきて、色々謎が解けてきて。ハリーの内面もだんだんドロドロしてきてます。
    今作は、個人的にはムーディたち不死鳥騎士団とハリーの水上飛行と、シリウスとハリーのやり取りと、スネイプとハリーのやり取りがよかったです。特に若かりし頃のスネイプは必見です(いろんな意味で)。
    でもあの登場人物が死んじゃうところは悲しかった。

  • 1-357

  • 気付けば5巻
    小説の設定うまく詰め込めてないのかなー全体的に駆け足感。
    幽霊ぽい馬は可愛かったな

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする