裏切りの日日(百舌シリーズ) (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.39
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (169ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    人質を楯に、身代金を奪った犯人は、厳重な包囲の中で、ビルの9階からエレベーターに乗り込んだが、1階についた時には消えていた!その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。“2つの事件は関連するものなのか?”居合わせた警視庁公安刑事・桂田の暗い瞳が光った。彼は、2年前に妻子に逃げられ、それ以後、人が変わったといわれる。その凄腕に更に磨きがかかり…。

    百舌シリーズはかなり前に読んだので記憶が甦らず。諦めて悪徳刑事桂木の話として最後まで・・・途中で過去読んだ記憶だけは甦った。

  • 百舌シリーズ第一段。

    ドラマが面白かったということで、読み始め。
    百舌は出てこないが、、、


    ビル占拠事件と、暗殺事件の同時発生。果たしてその意味は?

  • ミステリとハードボイルドの境界でドキドキ。
    『日本で一番悪い奴ら』に似た後味。

  • 本当にドラマにしとけ

  • 一応百舌シリーズということでしたが、津城さんが出てくるのと鳥の名前をコードネームにもて犯人、そして公安絡みというだけ。
    もう百舌シリーズでなくて野鳥シリーズに名前変えませんかね(・・?(笑)
    スピーディな展開は好きなので新作も単行本になったら読むかも。

  • 逢坂剛・百舌シリーズの第六弾、という扱いなのだけど、
    こちらは若き日の津城が登場するスピンオフストーリー。
    言うなれば、Early MOZUという感じ。つまり、百舌とは
    殆ど関係無い(^^;)。

    シリーズ中いちばんコンパクトな作品だが、トリックの
    レベルはなかなかのモノ。この作品だけの登場人物たちも
    他の作品と同様にかなり癖があり、そして魅力的。
    そして誰よりも怪しい雰囲気を醸しだしまくってる津城の
    存在感は圧倒的とも言える。

    コレを読んだ上で百舌シリーズを最初から読むと良いかも。
    というか、そうするべきだった。なんつったてもう津城さん
    はアレしてああなっちゃってるからなぁ(^^;)。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1943年東京都生まれ。’80年『暗殺者グラナダに死す』でオール読物推理小説新人賞を受賞。『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会賞の三冠受賞。

裏切りの日日(百舌シリーズ) (集英社文庫)のその他の作品

逢坂剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
横山 秀夫
池井戸 潤
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする