クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法 [Kindle]

制作 : 千葉 敏生 
  • 日経BP社
3.70
  • (4)
  • (11)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (289ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • IDEO創立者のデイビットとトムが示唆する、クリエイティブに思考するための指南書。

    以下メモ

    ・自己効力感を持つ人は目標を高く持ち、懸命に努力する。スタンフォード大学享受のアルバート・バンデューラ。
    ・技術/ビジネス/人間が交わるところを探す。
    ・イノベーションを起こす上で大事なのは共感。
    ・詩人で随筆家のラルフワイルドエマーソン「怖いと思うことをしなさい。さすれば恐怖は確実に去る。」

    ・仕事は「労働」「キャリア」「天職」にわけられる。
     労働:給料はもらえるがほとんど週末や趣味だけのために生きる
     キャリア:昇進や成功を目指す。より見栄えのする肩書、大きなオフィス、高い給料を得るために長時間働く。
     天職:仕事は手段ではなくて心からのやりがいを感じる
    ・毎晩就寝前に①日の感情の浮き沈みを振り返る。楽しさを基準に1〜10点で評価。
    ・考え方や行動を変えるにはまず言葉遣いを変える。

    2018年4月④

  • 本書の著者、デイヴィッドとトムのケリー兄弟は、かつてアップルの初代コンピューターのマウスもデザインしたというデザイン・ファーム「IDEO」の創設者と共同経営者。
    多くの人々(特に日本人)は自分自身にクリエイティビティが備わっていないと思い込んでいるが、創造力に対する自信(Criative Confidence)を身につける(取り戻す)ことさえできれば、誰でもクリエイティブになれると言い切っている。
    大事なのは、アイデアを生み出すために行動を起こすこと、生み出したアイデアを実行に移す勇気。

    人に会い、デザイン指向で考え、プロトタイプを作って多くの人に意見を求める。
    人の助けを求めることを厭わず、新鮮な思考を保つために常に新しい情報源を探し、アイデアが生み出される場面に多く触れる。

    そう、行動することだ。
    そんなことはよく分かっている。
    が、それがなかなかできない。

    スターウォーズのヨーダの言葉が紹介されている。
    「やるかやらないかだ 。?やってみる ?などない 」

    行動や思考を変えるための簡単なテクニックやコツも紹介されている。
    印象に残ったものを列挙しておこう。

    <div style="padding-left:20px">質問に命を吹き込むための方法の一つは 、遊び心を加えるというもの 。単に「なぜこの本がそんなに好きなの?」と聞く代わりに、「この本を読むよう友だちを説得するとしたら、何て言う? 」と聞き 、質問をゲ ームに変える 。

    問題の枠組みをとらえ直すテクニック
    ・明白な解決策から離れる 。
    ・焦点や視点を変える 。
    ・真の問題を突き止める 。
    ・抵抗や心理的な否定を避ける方法を探す 。
    ・逆を考える。

    「バグ・リスト」(問題点のリスト)を作れば、創造性を活かす機会がもっと見つかるようになる 。

    すばらしいものを作りたければ 、まず作りはじめなければならない。創造プロセスの初期の段階では、完璧主義が邪魔になることもある。だから、計画段階で立ち止まってはいけない 。自分の中にいる完璧主義者に足を引っ張られてはだめだ。必要以上の計画、先延ばし、おしゃべりはみな、自分が恐れているというサイン、つまり心の準備が整っていないというサインだ。本格的に努力したり何かをほかの人に見せたりする前に、何もかも?完璧?にしたいと思っているのだ。そうなると、行動せずにもう少し様子を見ようと思うようになる 。

    みんなからの支持を得て、新しいことを始めたいなら、変革を実験として位置づけ直してみよう、ということだ。もちろん、失敗する実験もあるだろう(だからこそ「試行錯誤」というわけだ ) 。だが、実験の多くは、実験と呼ばれることで心理的なハ ードルが下がり、成功率が高まるだろう 。

    自社のイノベ ーション文化 ─ ─を向上させる 5つのコツ
    ●ユーモアのセンスを忘れない。
    ●ほかの人のエネルギーを活用する。
    ●上下関係をなるべくなくす。
    ●チームの仲間意識や信頼を重視する。
    ●評価を(少なくとも一時的に)後回しにする。

    ネガティブな会話パターンに代わる表現として、「どうすれば 〜できるだろうか?」(How might we . . . 、直訳すると「私たちはどのように〜しうるだろうか? )という言葉を使ってみる。

    思いつくアイデアの関係性を線で結ぶ「マインドマップ」を描いてみる。
    </div>

    ピカピカにクリエイティブなアイデアがいきなり浮かんでくるような神業があるわけではない。
    とにかく、考え、行動すること。
    それを繰り返していくうちに少しずつ自信が生まれ、それがまた前に進む原動力となる。
    そのうちに(それをやらない)他人との差ができていく。
    そういうことなのでしょう。

  • 誰でもクリエイティブになれる!というのを事例やハウツーを用いて丁寧に説明してくれてる本。自然と俺もいける感を味わえる!

  • 創造力に対する自信(クリエイティブコンフィデンス)を手に入れるためにはどうすればいいのか?
    失敗して恥をかくことを恐れない。
    ひとつずつ、クリエイティブな行動を積み重ねる。
    人間は誰でもクリエイティブだ。

  • よくある「クリエイティブになるには」的なハウツーをまとめて事例を足したような内容で、この本ならではという知見が得られなかった。

  • IDEO創業者の本。
    クリエイティブ思考を解説されている。
    失敗を恐れずチャレンジしたら良い。

  • 「「ピアノを弾く」といったスキルを身に付けるためには、何時間もの練習がいるというのは、誰しも認める。ところが、絵を描く能力となると、才能があるかないかのどちらかだと誤解している人が多い。」

    ビジネスにおけるデザインの大切さを説く本。正確に言えばデザイン的思考が大切だ。たくさんの挑戦を通して、よい結果を積み上げていく。

    「〜してみる」(try)という言葉は使わない。なぜなら、今日は試すだけだ、という言い訳を含んでいるから。

  • 例に漏れず、クリエイティヴィティに対する劣等感があるため取りあえず読んでみた。
    凡人では到達できそうにない事例ばかりのノウハウ本と違って、結構手が届きそうな材料が多いところに好感を持った。
    アプローチは、課題解決の方法論とほぼ同じ。ポイントは発想を変えてみること。例えば「どうしたらテレビ会議が有効性があがるか」ではなく「どうしたら出張旅費が減らせるか」という感じ。問題の本質をいかに捉えるであり、そのためには顧客志向になること。新しさは殆どないけれど、理解しやすいとことがよいと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

世界的なイノベーションとデザインのコンサルティング会社である「IDEO」の創設者。アップルの初代マウスをはじめ、数々のヒット商品を生み出し、人間中心のデザイン手法やイノベーション文化を組織に広める後押しを行う。スタンフォード大学教授で、「デザイン思考」の実践を学ぶスタンフォード大学内のプログラム「dスクール」を創設。誰もが内に秘めている潜在的な創造力を開花させる手助けをライフワークとしている。こうしたデザイン分野での教育の貢献によって、サー・ミシャ・ブラック賞など多くの賞を受賞している。

「2014年 『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法のその他の作品

デイヴィッド・ケリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドリュー・S...
岸見 一郎
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする