魔法使いの嫁 1巻 (ブレイドコミックス) [Kindle]

  • マッグガーデン
3.90
  • (16)
  • (41)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 399
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (182ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全体的に私にとっての理想の漫画。出会えたことに感動してる。

  •  

  • 2020/03/19購入・08/23読了。

    生きる気力を失っていた羽鳥智世(チセ)は自分の意志でオークションに出品される。そのオークションで彼女を買ったのが、絶滅に近い魔法使いの一人、エリアス・エインズワース。チセは「夜の愛し仔(スレイ・ペガ)」だったためエリアスが買ったという。チセにはそれが何を指す言葉なのかがさっぱりわからなかったが、チセを弟子にするために買ったエリアスによると、「夜の愛し仔」には魔法使いが使う魔力の源を貸してくれる妖精たちを引き寄せる力があるのだという。しかもただ引き寄せるだけでなく、チセのように妖精たちが見えるのは更に珍しいという。

    要約を全部載せるとまたえらい長文になるので以降手短に。

    魔法機構(マギウス・クラフト)の技師・アンジェリカのもとに、エリアスに連れられてお買い物。
    神父のサイモンに、夜の愛し仔を手に入れた代償に、教会の3つの仕事を引き受けるようにエリアスが言い渡される。

    1つ目の仕事はドラゴンの様子がおかしいと言われ、竜の国へ向かう。竜の国の管理者リンデルと、500年を生きた旧いドラゴンのネヴィンに出会う。

    2つ目の仕事は猫の街の問題を解決するように言われる。
    猫の王・モリィに頼まれた仕事を解決しようとしたところでチセピンチ。

    3つ目の仕事はこれから……かな?

    以下感想。
    このあらすじというか要約を書くために、登場人物の名前がわからなくならないようにメモしながら読み進めたのですが、登場人物多いです。1巻だけで分かる範囲で15人(匹)出てきます。ですが、結構すんなりと読めるのは、人物が登場した後、簡単な説明と分かりやすいエピソードが入るからでしょう。
    「魔法使いの嫁」というタイトルを気にせず読むと「魔法使いの弟子」というタイトルだったのではと思いました。作者も言及しているけど嫁エピソードが、ほぼありません。本当に夫婦になるのかこの二人という疑いつつ、すっと読み進められました。

    現代のイギリスを舞台にしながらも、イギリスが魔女を受け入れていたという世界観が私を惹きつけます。引き寄せます。結構続きが気になるお話でした。

    あと、描写で、ちょいちょい過去話が混ざるのが面白いです。

  • 10巻まで読了

  • タイトルはもうアチコチで見かけるのでもちろん知ってたし、アニメ化されたみたいだし、売れてるみたいだし、なんか108円で安かったので購入。
    とりあえず4巻までは安かったのでそこまで買ってある。
    さて感想はというと・・・
    微妙である。
    今のところそんなに面白くないのだが、かと言ってつまらないわけでもなく。
    なんだかやたらと小難しい。
    あとフォントが読みづらい。
    文字が小さいし薄い。
    ただ、この世界観がもうちょっと理解できてきたら面白い作品に化ける気がしなくもない。
    もうちょっとだけ読んでみよう。

  • 2018.03.24 『50%ポイント還元』 白泉社コミックキャンペーンにて

  • アニメ鑑賞済み。
    現代と魔法使い、異形×少女と自分の好きなテーマが詰まっている。
    視える体質から自身を闇オークションに出したチセが異形の魔法使いエリアスに習って魔法を使おうとするシーンが良かった。
    大体はアニメと同じだった。

  • アニメ化をきっかけに再読。

    魔法使いエリアスは、オークションにかけられた少女チセを破格の値段で買取る。エリアスはチセを自分の弟子兼、嫁にするつもりらしい。2人のイングランド田舎町での生活が始まる。

  • 以前からタイトルが気になっていた作品。Mちゃんが貸してくれた。いつも感謝です。

  • 魔法のことがたくさん描かれています。主人公チセを通して、魔法に触れられる作品。

全19件中 1 - 10件を表示

ヤマザキコレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法使いの嫁 1巻 (ブレイドコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×