魔法使いの嫁 1巻 (ブレイドコミックス) [Kindle]

  • マッグガーデン
4.03
  • (15)
  • (35)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (182ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体的に私にとっての理想の漫画。出会えたことに感動してる。

  • タイトルはもうアチコチで見かけるのでもちろん知ってたし、アニメ化されたみたいだし、売れてるみたいだし、なんか108円で安かったので購入。
    とりあえず4巻までは安かったのでそこまで買ってある。
    さて感想はというと・・・
    微妙である。
    今のところそんなに面白くないのだが、かと言ってつまらないわけでもなく。
    なんだかやたらと小難しい。
    あとフォントが読みづらい。
    文字が小さいし薄い。
    ただ、この世界観がもうちょっと理解できてきたら面白い作品に化ける気がしなくもない。
    もうちょっとだけ読んでみよう。

  • 2018.03.24 『50%ポイント還元』 白泉社コミックキャンペーンにて

  • アニメ鑑賞済み。
    現代と魔法使い、異形×少女と自分の好きなテーマが詰まっている。
    視える体質から自身を闇オークションに出したチセが異形の魔法使いエリアスに習って魔法を使おうとするシーンが良かった。
    大体はアニメと同じだった。

  • アニメ化をきっかけに再読。

    魔法使いエリアスは、オークションにかけられた少女チセを破格の値段で買取る。エリアスはチセを自分の弟子兼、嫁にするつもりらしい。2人のイングランド田舎町での生活が始まる。

  • 以前からタイトルが気になっていた作品。Mちゃんが貸してくれた。いつも感謝です。

  • 魔法のことがたくさん描かれています。主人公チセを通して、魔法に触れられる作品。

  • 魔法使いに買い取られた日本人の女の子チセ。人には見えないものが見える力もその道の筋によれば「夜の愛し仔」と呼ばれる特殊能力の持ち主。本人には全く自覚がないのが、可愛らしい。「世界には理がある。コンピュータのプログラムみたいなもんだな」魔法のこともコンピュータに例えたら割とわかりやすいっていうのがご愛嬌というかなんというか。「どういう過程や過去があれ、君が今ここにいる現実は変わらない」チセを買い取った主・エリアス。半端者と呼ばれる身であるが故か、どことなく感情が人離れしていて、的を射る発言のようなピンボケのような。「我々の一族は空を捨てたが、いつだってこの空の下で生きてゆく運命だ」アイスランドでひっそりと暮らすドラゴン。ネヴィンがいい味出してる。「君のいる世界は君の味方じゃなかったかもしれない。でも敵ではない」

  • iPadにて1〜4巻を一気読み。ファンタジーと人外の組み合わせがとても良かった。主人公も好き。
    絵の雰囲気がとても好みだったので、これからも読み続けていこうと思いました。

  • 王道のファンタジー漫画。
    妖精・精霊・魔法 etc..
    おとぎ話の世界に入り込めます。

    話のはじまりとしては、
    先天的に、特別な力を宿した 人間の少女を、
    魔法使い(表紙の髑髏)が、
    嫁として、競りで買収する話。

    今まで、人間界で煙たがられていた少女は、
    魔法使いの家で、とても温かく受け入れられ、
    幸せを感じてゆく、家族愛ストーリー。

    魔法やファンタジー好きな方、
    異形×人間のカップルが好きな方は、ぜひ!

全15件中 1 - 10件を表示

魔法使いの嫁 1巻 (ブレイドコミックス)のその他の作品

魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS) コミック 魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS) ヤマザキコレ

ヤマザキコレの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

魔法使いの嫁 1巻 (ブレイドコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする