中央公論 2014年 08月号 [雑誌]

  • 中央公論新社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910061010848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  押し入れに積んであったのを読み返す。


    ・版元の目次
    http://www.chuko.co.jp/chuokoron/2014/07/20148_1.html

  • だし学院は研究のプロ、どんな危機に対しても様々な考え方を提示できるタフな知性を育てるのが良い。

  • 8月号の特集が「大学改革が変えていく生き残る大学教授」ということで購入。特集記事は、「東大総長が求む、闘う教授たち」(濱田純一)、「「はみ出ている」ことに存在意義がある」(対談:鷲田清一・深澤真紀)、「大学教授の下流化」(竹内洋」、「なぜアメリカに優秀な教授が集まるのか」(上山隆大)、「マンガ学を究めて大学の明日を描く」(竹宮惠子」、「優雅?悲惨?大学教授の生活ぶっちゃけ話」(櫻田大造)、「覆面座談会 役立たずの研究者が堂々と大学に残れるワケ」

    その中で読むに価する記事は、竹内洋先生のものくらいか……。あとは暇潰しに。

  • 小保方博士と再現実験
    佐倉統

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

中央公論 2014年 08月号 [雑誌]はこんな雑誌です

中央公論 2014年 08月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする