人類は衰退しました9 (ガガガ文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 戸部淑 
  • 小学館
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おじいさんが月に行って消息不明になった.
    で,救助しに行きたいけど
    そもそもどうやって月まで行こう?
    的な話.
    かな?

    やる気満々になってるところで
    常識的な判断によって邪魔をするお腐れ様の友人とか
    ナニカを伝えようとしているのに
    誰も聞いてくれない巻き毛ちゃんとか.
    そして助手よ,一体何があった…?

    相変わらず面白かったよ.
    そしてもしかしてなんだけど
    助手くんが初めて名前が出た人物じゃないのかしら.
    あまりに名前が出なくてアレも
    本当に助手くんの名前なのか疑問ではあるんだけど.

  • 『人類は衰退しました』の一応の最終回。
    いいSFでした。

    人と妖精はいつどのようにして出会い、いまの関係性を築いてきたのかが明らかになります。しかしそれは決して「突飛な結末」ではなく、「ああ、この作品のテーマってこれだったんだな」と深く納得できるのは、1巻から積み重ねられてきたあらゆる設定、エピソード、描写がラストの結論につながっているからなのでしょう。
    これまでの巻でたびたび仄めかされていた「人類学」や「環世界」などの学問・概念まである意味でテーマの伏線でした。

    とにかくネタバレを避けて読んでほしい一冊です。

    (最後の締めのくだりはちょっとだけ『ブラッドミュージック』を思い出したり…。日々柔軟に多様になっていく人退世界の魅力を再発見できます)

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

小説家・ゲームシナリオライター。代表作『CROSS†CHANNEL』『人類は衰退しました』『Rewrite』(竜騎士07、都乃河勇人との共著)『ミサイルとプランクトン』など多数。

人類は衰退しました9 (ガガガ文庫)のその他の作品

田中ロミオの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

人類は衰退しました9 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする