シュワッガーのテクニカル分析 [Kindle]

  • パンローリング株式会社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (506ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 事実、多くのテクニカル・トレーダーはトレーディング・レンジにおける最適な戦略は相場に参加することを極力控えることであると思っている。このような行動を取れと言うことはやさしいが行うことは難しい。,,価格がほんの少しだけ、または数日だけトレーディング・レンジから放れ、そのレンジに戻ることは頻繁に起こる。,,フラッグとペナントは主要なトレンドの典型的な休止を示している。言い換えると、これらのパターンに続いて価格はそのパターンが形成される以前にあった価格の動きと同じ方向に価格が揺れ動いていく。,,フラッグ、ペナントからのブレイクアウトに反転が続くことは、期待の反対側に抜けるブレイクアウトが発生するのと同じくらいの頻度で発生するので、この手法により、勝率をほとんど落とすことなく有利に建玉することができる。,,確認条件がどのように使われるかについて、以下の条件について考えてみよう。 a.シグナルが出てから3日待つ。 b.買いシグナルの場合に、シグナルが出てから、終値が以前の高値より高いか、または、次の日にこの条件が満たされたときに仕掛ける。売りシグナルに関しても同じことを適用する。,,,4.ファンダメンタルズについての知識 的中率が50%を超えるファンダメンタルズ予測とチャー,ト分析を組み合わせることは、効果的な方法である。,,ここで、増し玉に関するいくつかの指針を示しておく。まず、最後に取引したものが利益を生むまで、増し玉すべきでない。2番目に、ポジション全体で設定された損切りポイントが正味の損失となるときには増し玉してはいけない。3番目に、増し玉の単位は最初のポジション・サイズよりも大きくしてはならない,,トレイリング・ストップを使うことは魅力的にみえないが、手仕舞うポイントを決める方法としては最も賢いやり方である。,,毎晩、何時間かを割いて相場の状況とトレーディング戦略を見直すことは大事なことである。

全1件中 1 - 1件を表示

ジャック・D・シュワッガーの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

シュワッガーのテクニカル分析を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする