瑠璃宮夢幻古物店 : 1 (アクションコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 双葉社
3.41
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議な力を秘めた数々の骨董品を扱う瑠璃宮骨董品店。
    そこの女主人である瑠璃宮真央は、言う。
    道具はあくまでも道具。
    どう扱うのは人間次第。

    そんな(ある意味放置主義な)モットーのためか、持ち主となった人は、大体不幸な結末が待っていたりする。
    『笑ゥせぇるすまん』的な作品。

  • 謇九↓雋?縺医↑縺?Δ繝弱r謇九↓蜈・繧後※縺励∪縺」縺溘◆繧√↓莠コ逕溘′縺壹l縺ヲ縺?¥窶ヲ窶ヲ縲ょ?倶ココ逧?↓縺ッ縲後い繧ヲ繧ソ繝シ繧セ繝シ繝ウ縲咲噪荳也阜縺ィ蜻シ繧薙〒縺?k繧薙□縺代←縲√Δ繝弱r謠蝉セ帙☆繧句?縺瑚、?焚蜃コ縺ヲ縺阪※縲√◎縺薙↓闊亥袖縺後o縺上?

  • アンティーク版喪黒福造、というのが1話を読んだ率直な感想。
    注意はしたが、結果を招いたのはその人自身というスタンス。

    絵柄がやや荒く、好みが分かれそう。
    香炉の話から連続性が出てきて、今後が楽しみ。

  • 購入済み 読了

    内容紹介(BOOKデーターベースより)
    美人店主・瑠璃宮真央が営む、静かな住宅街の片隅にひっそりと佇む古物店。近代物から古作まで幅広く取り扱うその店にやってくるのは、地味で冴えない女、愛妻を亡くした男、友達が出来ない少女…。呼応するかのように品物を手にしては店を後にする。しかし、その古物たちの取り扱いには十分な注意が必要だった…。奇妙な力を秘めた古物を手にした客達が向かうのは、天国か地獄か。謎の美女と古物が誘うホラーサスペンスストーリー。

    アンティークではない古物?で読み始めたら面白かったので続けます。

  • 鏡、老眼鏡、テディベア、香炉、万年筆、ティーセット

    ホリックをブラックにした感じ。

    ぬいぐるみに感情があったら、同じ様な思いをする数の多さといったら…。それを「人」からみたら、成長の一言で済ませる些末なことかもしれないけれど。

  • -

全7件中 1 - 7件を表示

瑠璃宮夢幻古物店 : 1 (アクションコミックス)のその他の作品

逢坂八代の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

瑠璃宮夢幻古物店 : 1 (アクションコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする