ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班 (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (346ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ST創設前の話のため、STメンバーは出てこない。菊川&三枝のみ登場。これだけ読んでも問題ない。最後はキチント終わり、読んだ方もスッキリ。

  • 2015/8/14 講談社上半期人気タイトル30% offセールでDL購入。

  • 現状でSTシリーズの最終作。
    ただしこの作品にSTの面々は全く登場しない。単体でも魅力的な
    ザ・刑事こと、菊川吾郎が捜査一課の新人刑事であり、現管理官の
    三枝俊郎がその上司だった頃の物語。

    ほんの少しだけ科学捜査のテイストを残してはいるものの、基本的
    には通常の警察小説。しかし、考えてみればこの世界も今野敏の
    得意分野であり、安定感は抜群である。ミステリーとしても秀逸な上、
    警察の事情が複雑に絡まってくるため、臨場感も凄い。
    ここに来て今野敏の実力を思い知らされた感。

    初期シリーズ3作、色シリーズ5作、伝説シリーズ3作、そして
    スピンオフ1作と、全12作を一気に読んだSTシリーズ。ちょっとした
    寂しさも残るけど、そのうち新作が出る事を期待!
    面白かった♪

  • 以前、スペシャルドラマを見て面白そうかも・・・と思っていましたが、ドラマが始まって、原作を読んでみたくなりました。
    今野氏の本は初めて読みます。
    これは番外編とでも言うべき作品なのかも知れませんが、ST発足前の話と言う事でまずはこちらから読んでみました。
    今野さんの文章は割と読みやすくて、私には合っているようです。
    ドラマの登場人物を思い浮かべながら読む事が出来ました。
    面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

今野敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。
2018年は「作家生活40年」のメモリアルイヤーで多くの特集が組まれている。主な企画作品に、2018年7月、任侠シリーズ最新刊『任侠浴場』刊行。新シリーズとして同年10月『継続捜査ゼミ』を刊行した。

ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班 (講談社文庫)のその他の作品

今野敏の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする