ルポ 電王戦 人間 vs. コンピュータの真実 (NHK出版新書) [Kindle]

著者 :
  • NHK出版
3.85
  • (1)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (215ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • とても面白く読んだ。この著者の将棋熱が伝わってくる。図書館で借りたが、なんなら購入してもいいくらいだ。

  • 将棋の世界においてコンピュータが人間を凌駕するまでを描いた一冊。

    ここ数十年のコンピュータの進歩とそれに敗れまいとするプロ棋士たちの相克が描かれてて非常に面白かった。

  • ますますコンピューターに対する恐怖心が高まった。

  • 将棋観戦記者による電王戦ルポ。ソフト開発者に焦点をあててソフト選手権と1回2回の電王戦の激闘を振り返る。長年棋界とソフト将棋の発展を見てきただけあって、書くものに背後にある深みを感じる。さて、今週末からはファイナル。人間が一矢報いることを期待しているのですが、週末には二歩で負けたプロ棋士も出たことだし・・・、どうだかなぁ。

  • mtmt氏こと松本氏が第1回から第3回電王戦まで丹念に取材したルポ。
    舞台裏の人間模様まで含め丁寧に取材されており、今までCOM対人間をニコ生を通じてライブで見てきた身にとって大変面白かった。
    保木氏と渡辺二冠のボナンザ本と合わせて読むとより面白いかも知れない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1973年、山口県生まれ。将棋観戦記者。東京大学将棋部OB。在学中より将棋書籍の編集に従事。同大学法学部卒業後、名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力し、「青葉」の名で中継記者を務める。日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会(LPSA)などのネット中継にも携わる。著書に『ルポ電王戦 人間 vs. コンピュータの真実』(NHK出版)。

「2015年 『ドキュメント コンピュータ将棋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本博文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×