続・岳物語 岳物語シリーズ (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (168ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作は10歳くらいまでの岳少年と親父である椎名誠氏の話。

    本作は11歳から中学校へ入学するくらいの岳少年との話。本作では次第に父から離れていく岳少年の様子が書かれている。いつかは来る日ではあるが、少なからず寂しさを覚えるんだろうなぁ。他人の話とはいえ、自分の未来に重ね合わせて読みながらちょっと切ない気持ちになった。喜ぶべきことなんだけども。

    印象に残ったのは、中学校の入学式でのこの一文

    > よおし、いけ、岳!
    > と私は頭の上を吹きわたっていく春の風の中でそのとき突然思った。少年岳と私のひとつのやさしい時代はこれで終わったのだ---とその時私は思った

    そんな風に自分も思う日が来るんだろうな。きっと。そのときは思い切り子供たちの背中を押してやりたいと思う。

    2冊を読んで、親父と息子の一つの関係として、この親子のような関係も素敵だと思った。

    あとがきでも書かれているが、この本は育児に関する本ではない。あくまで親と子の関係を書いた物語。一つの親子関係として、この親子の様子を見てみたいと思う人にはお勧めできる本だといえる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

続・岳物語 岳物語シリーズ (集英社文庫)のその他の作品

続 岳物語 新書 続 岳物語 椎名誠

椎名誠の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

続・岳物語 岳物語シリーズ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする