あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (134ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ーーーーー↓佐藤匠2015/9/3↓ーーーーー
    【概要】
     国税庁の元職員という立場から領収書を損金として処理するための方法を紹介している。
    【評価】
     60点
    【共有したい内容】
     国税庁の元職員という立場からの税法の実態を知ることができる点
    【悪いところ】
     領収書の損金処理について記載があるもののどちらかというと屁理屈な感じもある。
    税法の基準と照らし合わせてどうなのかという点に言及されておらず、腑に落ちない。
    ただし、実態としてストーリーを作れば損金に落とせることもあるということを知れる点はプラス。
    【どういう時に役に立つか】
     税法勉強の初心者がより専門的な勉強を開始する前に読むとプラスになる。実務としての税法と理論としての税法の差異を知ることができる。
    【自由記述】
    全体として、領収書を損金として落とすための方法が記載されているが、前述の通り屁理屈な感じは否めない。
    読んだ後、自分自身で府に落とすため、税法と照らし合わせる作業は必要になる。

  • 「経費」というものの考え方について一歩理解に近づけたと思います。もっともこの本の考え方は経費についてもっとも寛大な考え方を持つ方の本だと聞いて、なるほどと思いました。もっとさまざまな本を読んで、ものの見方を広く持てるようになりたいと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

国税局で10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、経営コンサルタント、ライターとなり、活躍中。『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中興新書クラレ)等著書多数。

あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)のその他の作品

大村大次郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

ツイートする