ウール 下 (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA
3.91
  • (4)
  • (13)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (14ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラストは一気に終わった。主人公、そんなので助かるの??

  • サイロシリーズ第1部下巻。
    どうなることかと思ってグイグイ読み進められた。
    ちょっと唐突だったり気になるところはあるけど、続きが気になる…!
    第2部以降はどうなっていくのかな?

  • 「WOOL(上)(下)」(ヒュー・ハウイー:雨海弘美 訳)[電子書籍版]を読んだ。まあ面白かったかな。あんまり好きなテイストじゃあないんだけどね。と言いつつ続きの「SHIFT」買ってる。

  • 後半にもう一つ何かがあるかと思ったら普通にハッピーエンドで終わったのは拍子抜け。

  • 後半は展開はどんどん引き込まれて、ページがどんどん進んだ。

  • SF好き、デストピア物好きは必読かと。

  • 設定一発勝負の短編SFからの長編化って間延びした印象のものが多いけど、グイグイと続きを読ませる力がある小説だった。元はネット小説ということでプロットが凝っているわけでもなく、言ってしまえば稚拙さはあるが、認識の外にある広大な世界への知的好奇心と、設定に込められた寓意もあり、『星を継ぐもの』の現代版と言っても差し支えないんじゃないかとすら思えた。
    何より、翻訳が大変素晴らしく、海外文学特有の言い回しがないせいか非常に読みやすく世界へすんなりと入っていけた。
    素晴らしい。

  • 面白かった!
    上巻では、なかなか話が進まないように思えたけれど、一旦動き出すと、逆に、え、もっと詳しく書いて、と思ったり。
    正直、途中で私でもサイロの謎の概観はわかったぐらい、珍しくはない設定なのだけど、それでもきちんとドラマを描くことで、いくらでもオリジナルな味が出る。

    主人公のジュリエットが強かで真っ直ぐで良い上、彼や彼女も味があっていいよね。
    ラストの2ページには、じーんとなっちゃったし。
    ただ当たり前だけど、この作品の最後は、ようやく第一歩を踏み出したばかりであって、これから先が大変で。
    すでに次作が出版されていることにほっとする。
    早く続きが読みたいわー。

    Kindleセールの時に飛びついて買ったものの、Kindle版には解説が入ってないのだな……こんな罠があろうとは。(ちょっと涙)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年生まれ。ヨットの船長を8年間勤めた後、結婚を機に陸に上がって小説執筆を開始。”Molly Fyde”シリーズで好評を博し、本作”Wool”シリーズではオムニバス版がアマゾンのSF小説部門でベストセラー1位を記録する快挙となった。フロリダ在住。

「2017年 『サンド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヒュー・ハウイーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
アンディ ウィア...
ヒュー・ハウイー
ヒュー・ハウイー
ヒュー・ハウイー
野崎まど
ロバート A ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×