若きウェルテルの悩み ファウスト (世界文学全集1)

4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「若きウェルテルの悩み」
     単に恋愛小説には止まらない、理性と感性の桎梏、自然と人間の葛藤を描いた人間探究の小説。そして展開も富んでいて、退屈させない。大袈裟な文章表現もここでは十二分に機能していて、読者もウェルテル自身になったかのような錯覚に陥れられる。正に「精神的インフルエンザの病原体」。これほどの作品を生み出せたら、並の作家ならば以降の自作の質を保つことに不安を感じ、すぐさま引退してもおかしくないだろう。

    「ファウスト」
     ウェルテル以上の傑作。第1部が発表されてから第2部が完成されるまで約30年の期間を要したそうだが、これはゲーテの手腕が振るわなかというよりも、気が熟するまで待機し続けたからに違いない。第2部はもはや文学や劇作の領域を飛躍しており、さらに哲学とも詩とも言えないようなまったくオリジナルな作品になっている。世界普遍に内在する拍動を拾い上げた、単なる「人間」の「声」として読んでみなければ、本作の真価を問うことはできないかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×