• Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910165670948

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・志水ゆきさん 花鳥風月 はじめての女の子がレイプされてるみたいで読むのがきつかった。読んでて凹むレベルでした。BLにこれは求めてないです…
    ・山田2丁目さん 年上の愛人さんが妖しいオーラだだもれキャラで今回も萌えた! 着物でSMは無いのかw
    ・栖山トリ子さん 自信満々の社長が打たれ強くて、漫画らしいノリで楽しいです。
    ・まさお三月さん 小綺麗な感じのリーマンものなのに、とてもガチゲイな雰囲気。

  • 全サのために購入。飛び飛びにしか買っていないので、ストーリーが大まかにわかるのが宝井センセと志水センセくらいで…

    「テンカウント」は二人の距離感にドキドキ。恋心はどんな障害も突破するパワーになり得るんでしょうか?心と身体がアンバランスなところが色っぽくて妙に萌えます。

    「花鳥風月」は胸が苦しくなるような展開でした!沢斗がかわいそうすぎ。大輝がほとんど別人のようで心配です。てか、怖い。沢斗が嫌がっているのに強引で自己中にコトを進めるなんてあんまりです…沢斗を泣かせないで~!こんなの大輝じゃないです~!!

    気になったところでは、おげれつたなかセンセの「錆びた夜でも恋は囁く」DV男が酷すぎる。果たして真山は弓を救えるんでしょうか?ものすごくこの先の展開が気になります。

    南月センセまさおセンセは最終回でした。コミックスになったら購入しようと思います。
    猫野まりこセンセは読みきり短編。魔法使い×SP。この組み合わせからしてコメディですねww

  •  
    いやぁ・・・改めて言いますけど半端ないっすねこの雑誌。
    クオリティ高すぎて鳥肌立つわ・・・。
    てなわけで今回も抜粋して感想行きます。

    ■テンカウント/宝井理人
    あー、工口い。
    冒頭からカラーで彼シャツならぬ・・・彼服?な城谷さん。
    「変ですか?」の質問に無表情で「変じゃないですよ」
    と応えていた黒瀬くんですが、絶対心の中は花畑になってただろwww
    自分の服着てるの嬉しい、
    しかも裾とか余ってて可愛い、
    興奮して今実はちょっと半勃ちしてます、
    ぐらいは思ってたんじゃねぇか!?えぇ!?←どこのオッサンだお前は
    城谷さんが消毒や掃除をすることより黒瀬くんと外に出かけた方がいいと言った時の黒瀬くんの嬉しそうな顔!!はは 可愛いですねw
    そして・・・ペットボトル・・・!
    自分から、回し飲みの提案をする城谷さんですが
    こwwれwwはwwwww
    嫌で出来なかったのではなく、黒瀬くんとのキスを妄想してしまって
    勃っちゃって出来なかったとか・・・ちょっwww
    何て工口い子に育ったのかしら城谷さん・・・!
    人目のないところに行きましょうって・・・どこ行くつもりなのでしょう!
    もう自宅に連れ帰って、しっかり可愛がってあげてくれませんか!!
    回し飲みより先に、キスをしてしまえばいいと思います!!
    ああ工口い!!(二度言った

    ■花鳥風月/志水ゆき
    来~ま~し~た~よ~~~~ついにいいいいい。。。。
    前号読んでからあーもうこれ次こそは修羅場だろう、
    と思っていたのですがやっぱりいいいいいい!!!!!
    扉絵で沢斗がボロボロの傘をさしていますが・・・
    この傘のボロボロ加減が、沢斗が負ったダメージを表しているようで切ない・・・。
    いやー大輝は悪くない、決して・・・だって不可抗力ですからね・・・
    大輝の言う通り、あんな酷い土砂崩れに巻き込まれて
    その程度で済んだって本当に奇跡的だと思うし。
    多分、大輝としては沢斗に心配掛けないためにも
    あえて軽く言ったというのもあったんでしょうしね。
    けれど失くした三ヶ月間は大輝と沢斗にとって大き過ぎましたよね・・・。
    予想では、山に調査に入って頭を怪我した時がきっかけかと思っていたのですが
    初キスのあたりまでは記憶があるってことで・・・
    まぁまだ本当にその時までの記憶しかないと断定は出来ませんが、
    もしそうだとしたら本当に会ったばかりの頃ですよね。
    出会い~その頃までの大輝がどうだったのか、コミック2巻で改めて読み返してみたのですが
    沢斗に対して優しい感じっていうのはまだなくて、
    写真の志乃様に似ている男がいたからちょっかいかけてるだけっていう感じで。
    あそこからここに記憶が飛んだなら、こういう発言になるよねって、今回の話を読んだ後にコミックを読み返して初めてしっくりきた感じがしました。
    でも沢斗にしてみたらもうショックのオンパレードぐらいの勢いでしたよねあれは・・・。
    そんなに畳み掛けないであげてと言いたくなるぐらい・・・(汗
    Hも、初めてだったのに・・・あまりにも可哀想すぎる><。
    結局この二回目は、あれだけ沢斗が嫌がっていましたが、
    大輝はちゃんとやめてあげたんでしょうか?
    さすがにあのまま続けていたら最早レ●プの域ですが・・・。
    しかし本当に不謹慎で申し訳ないのですが今回沢山出てきた沢斗の泣き顔・・・
    凄く可愛いと思ってしまいました。(沢斗ごめんよ・・・^^;)
    本当に沢斗可哀想でしたが、大輝も同じぐらい可哀想だと思います~・・・
    だってねぇ。確かに元は相当シモの緩い人だったんでしょうけど、
    それが沢斗を好きになって、あそこまで変わったわけで・・・
    沢斗を何よりも大事に思っていた大輝・・・。
    沢斗を傷付けたくない、守りたい、と思っていたでしょうに・・・
    不可抗力で記憶を失くして、その沢斗を自分が酷く傷付けてしまった挙句
    加害者扱いされ、大事な沢斗からも嫌われる、と・・・。踏んだり蹴ったりですよね^^;
    この二人がいつか幸せになれますように、祈るばかりです、ホント・・・

    ■生徒会長に忠告/門地かおり
    扉絵に「カオリンの・・・」とありますが、門地先生ってカオリンなんですか・・・?^^;;;
    編集さんやファンの方にそう呼ばれたりしてるんでしょうかね?w
    いつも思うんですが愛美ちゃんがあまりにも可哀想^^;;;
    川和・・・。山城家と繋がり持つために愛美ちゃんと
    付き合ってたとか・・・本当この人の山城に対する執着半端ない・・・
    山城×川和編も読みたいなぁ。
    それにしても国斉可愛いっすね~☆
    近藤くん、思ってた以上に雛森さんのこと好きっぽい・・・?
    最後で雛森さんが他人と付き合うことを想像して
    胸を痛めていたので、それで恋心に気付いてくれたらいいな・・・!
    雛森さん頑張れ、あと少しできっと落とせるぞ!w
    あ~、近藤くんもホント可愛いな!
    今回はショートじゃなかったので読み応えあって良かったです♪

    ■陽だまりとべんとう男子と/南月ゆう
    前号では三春にイラッと来ましたけど
    冴草さんが思ってたこと全部言ってくれたのでスッキリしました^^;
    疲れてない、少し寝る?の後の三春さんの男の顔、イイ~ですねぇ~☆萌~~
    「この人は夜はすごいんです」のどうにすごいのかってのを具体的に見たかったんですけどね!
    ざっくりカットされてて残念でした!
    是非コミックの描き下ろしとかでガッツリそれを見せて欲しいところですね!(`・ω・´)

    ■嘘つきはきらい/山田2丁目
    うーん・・・ちょっと不完全燃焼に感じたかなぁ・・・。
    結局、何故最初恵さんは桐次郎のこと「嘘つきは嫌い」と言って断ったんでしょうか?
    桐次郎の最初の頃の様子のことを言ってるのかな?そんだけ?
    それに、そう言う割に自分も散々嘘ついてますよね・・・
    最初から読み返せばわかるのかな?^^;
    タイトルにした割にそこら辺の描写がちょっと弱いと感じたのは私だけでしょうか?
    Hシーンもいいとこで切られちゃってるし・・・勿体無いなぁ~。
    恵さんの工口さってこんなモンじゃないと思うんですよ・・・きっと・・・
    受も攻も魅力的な二人で良かったのにな~。うぅむ・・・

    ■友達を口説く方法/青山十三
    柳浦さんが、鬼塚を待って出てきたとこ可愛かった~!www
    ホント小動物みたいwwwww
    そしてラストwwwwwww
    「彫りてぇなぁ 刺してえ」工ッ口ォwwwwwwwwwwwww
    それまで結構和やかな感じだったのに、
    ラストが唐突に工口くなったのでブフォwwwってなっちゃいました。
    本当は掘って挿してえんだろぉぉ?wwwなんつって
    いや、ただ言いたかっただけでそうは思ってないんです!すみません。
    きっとこのタイミングではまだそこまでいってないでしょう!
    純粋に、いい肌だから刺青を彫りたいだけなんでしょうね!まぁ欲情はしてるかもですが。
    でもまぁ・・・柳浦さんには刺青はあまり似合わなさそうなので・・・
    やはりここは掘る方を見せて欲しいですね!(爽

    ■火傷と爪痕/雨隠ギド
    ・・・え?ん?名島って、てっきりもう古賀のこと恋愛対象として好きだと思ってたんだけど、
    そうじゃなかったのかな?この最後のシーンで気付いた的な感じ・・・?
    ホントに女とも遊びまくってるんですね~。
    次の日、佐和子に会いに行くという話でしたが
    佐和子は以前古賀に「どっちでもいい、私はどっちともうまくやっていた」
    と言っていましたよね。それが既に答えのような気もしますが・・・
    行って会って話をすることで名島の中で何かの区切りになるといいですね!
    というかなるんでしょうけどもw
    そして古賀とラブラブになってもう女と遊びまくるのはやめましょう!w

    ■錆びた夜でも恋は囁く/おげれつたなか
    リンゴジュース気に入ったとか真山可愛いwww
    真山がダメな理由って何だろう?何かあったのかな。
    つか、弓はやっぱつらいんじゃんか。平気じゃないじゃん。
    だったら真山と付き合えばいいのにと思うけどそうしたくない理由があるんだろうな。
    過去に何があったのか気になる。
    あと、かんちゃんは弓が意識を失った時何て言ってたんだろう?
    そして、真山と会った後、何て言おうとしたんだろう?
    かんちゃんはどう思ってるのかも気になる・・・。
    お互いのために、二人はやっぱり別れるべきと思うよね~。
    三人共幸せになれる方法があればいいのにね。
    あとストーリーには関係ないんですけど
    何かおげれつ先生(この呼び方もどうなんだ・・・)の絵、下の歯が気になってしまう^^;
    見えるはずのない位置でも下の歯が描きこまれているので
    凄い受け口の人みたいに見えるコマが結構ありますよね・・・^^;;;

    ■付き合ってあげてもいいんだからね/栖山トリ子
    あははー! 細川可愛いwww やっぱり明里のこと好きなんだね!
    無言電話は他の奴からで、細川が巻き込まれるか、
    あるいは他の奴からの嫌がらせから明里を助けて
    いい感じになっていくのかなーと思っていましたが概ね正解でしたな^^
    しかし石投げ込まれるとか酷いですね。
    つかおまいらケーサツちゃんと呼んだの?^^;

    ■俺と偉大な魔法使い/猫野まりこ
    ふーん・・・結構簡単に乗りかえられちゃうもんなのね・・・(-"-;)
    それで平が年取って亡くなるまで一緒にいても、死んだらまた別の人と恋するんでしょうかね。
    何だかなぁ。
    ゼンは残念ではあるけどイケメソだと思うし平も可愛いとは思うけど、
    私は設定的に萌えられないなぁ、こういう話は・・・。

    ■あなたはいつも誰かの恋人/立野真琴
    うわー。この後ゆくゆくは先生と生徒の二人が
    くっつくっていうのがわかるだけに、切ないわ~・・・
    折角同棲始めたばっかりなのに・・・相手の男の人可哀想~。。。
    絶対先生より今の彼の方がいいと思う~・・・^^;
    ま・・・そうはいかないんでしょうけど。。。

    感想は以上です~。
    今号から3ヶ月連続で「ディアプラス・スイート①」の全サ企画がスタートです!
    凄く楽しみです~☆

全3件中 1 - 3件を表示

宝井理人の作品

Dear+ (ディアプラス) 2014年 09月号 ディアプラス・スイート(1) 全サ応募券つきはこんな雑誌です

ツイートする