闇に香る嘘 [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (239ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々に本格的なミステリを読んだ気分。

    突っ込みどころがほとんど無い。布石がすべてキレイに回収され。無駄な文章がなくミステリとしては完璧だ。

    ただし、終盤のネタバレラッシュまでは読むのが辛い。主人公が盲目というだけで、何を信じれば良いのかわからない。そして、登場人物がドンドン出てくるし、それぞれの人物の立場が紛らわしい。さらに、伏線貼りまくりで記憶に止めようとすると疲れてしまう。

    我慢して我慢して一気にスカっとするのがミステリの醍醐味だろうが…。読書力のない人には勧めづらい所で✩ー1。

  • 途中でオチは気づいたので、推理小説としてはいまいちかな。でも、全盲者や中国残留孤児については、よく取材してあり、その微妙な心理も真に迫るものがある。その意味では、すごく勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

闇に香る嘘のその他の作品

闇に香る嘘 単行本 闇に香る嘘 下村敦史

下村敦史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

闇に香る嘘はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする