聲の形(5) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (10)
  • (12)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言いたくなかったことを言ってしまう。
    伝えたいことと違う言葉でしか伝えられない。

    そして、「一緒にいると不幸になる」と伝えるしかなくなる。
    一緒にいたいのに。
    一緒に笑顔でいたいのに。
    お互いの笑顔が、お互いの幸せにつながるのに。

    とても悲しい巻でした。

  • 螟丈シ代∩縲∵丐逕サ陬ス菴懊b鬆捺賢縺励※縺励∪縺」縺ヲ窶ヲ縲ら。晏ュ舌→縺昴?螳カ譌上→闃ア轣ォ繧定ヲ九↓陦後¥縺代←窶ヲ縲ゅ≠縺ョ蝣エ髱「縺ァ6蟾サ縺ク窶ヲ縲ゅ@縺九@縲√>繧医>繧育。晏ュ舌?蜀?擇縺瑚ェ槭i繧後k縺ョ縺ァ縺ッ縺ェ縺?°縺ィ諤昴≧縺ィ縺薙l縺ッ蠕?■驕?縺励>縲

  • 一転して修羅場に

  • かりそめだった。
    かりそめが剥がれてでてきたものって「」

    それがその結果を招いたんですが、
    結果ではなくまだまだ経過だってことが痛々しいですな。

    これから。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

聲の形(5) (週刊少年マガジンコミックス)のその他の作品

聲の形(5) (講談社コミックス) コミック 聲の形(5) (講談社コミックス) 大今良時

大今良時の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする