洗脳 地獄の12年からの生還 [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.30
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • X JapanのToshiによる洗脳集団ホームオブハートによる勧誘、執拗な暴力と罵倒による洗脳、搾取、脱出の自伝的告発。
    Toshiの妻・守谷香、教祖的なMASAYA、人はこんなに簡単に洗脳されてしまうのか。
    執拗な暴力と罵倒による支配されるのは、DV被害種の心理と同じよう。
    (電子書籍 honto)

  • すげぇな、この内容。
    12年もそんな状態だったの?!

    暴力と搾取。

    もし、洗脳される事がなかったら、
    HIDEは生きていたのかな。

    ともあれ、
    満身創痍のX JAPANをこれからも
    応援させて頂きます。

    We are X!!!

  • おかえりTOSHI。青春時代をXに捧げた自分にとっては本当に胸糞悪い内容だった。しかし読んで良かった。というか新旧問わずXファンは読むべき。

  • 先月の半ばに買ってからもう2回、繰り返して読んでしまいました。読了日は2周目を読み終わった日にしています。
    もともと僕はXの音楽が好きで、熱狂的なファンというわけではないのかもしれませんが、彼等の曲を学生時代よく聞いていましたし、解散の様子やHideの死などの事柄もリアルタイムに知っています。
    もちろんToshlさんの洗脳騒動やホームオブハート内で虐待が起きていた、その騒動についてもワイドショーなどを通じて知っていました。その裏でToshlさんがこんなにも壮絶なことになっていたとは知らず…。
    2回読みましたが、本当に切なかったですね。この12年だけに収まらない孤独や寂しさというのが彼の中には渦巻いていたんじゃないかと。それが彼をこの闇の世界へ導いてしまったのではないかという気もします。
    でも、その中からようやく抜け出して帰ってきてくれました。Xの何かのDVDの映像得点だったと思いますが、Yoshikiらメンバーと談笑しているシーンがあって、Yoshikiに向かって「やっぱ持つべきものは幼馴染ですね」って言ってたのがすごい印象的だったんです。
    この過酷な12年を経てXを今こうしてやっているからこその一言だったのかなーと、この本を読んでみて改めてそれを思いました。Xの音楽に一度でも触れたことがある人にはぜひ読んでもらいたい、そんな1冊。

  • 宗教洗脳、そしてそれからの脱出。その間の気持ちの移り変わりが克明に描かれており、宗教洗脳の恐ろしさを知るにはいい作品である。

全7件中 1 - 7件を表示

洗脳 地獄の12年からの生還のその他の作品

洗脳 地獄の12年からの生還 単行本 洗脳 地獄の12年からの生還 Toshl

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

洗脳 地獄の12年からの生還はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする