祝山(いわいやま) (光文社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (143ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肝試しと憑き物。それに山の存在を合わせるところまでは良かったけれど、山の怖さの源についての記述が薄く恐怖感がいまいち盛り上がってこなかった。

  • 何気なく読んでいくうちに、段々と怖くなっていく。
    作者本人が、霊感体質と他の本で読んでいたが、霊的な怖さと人の怖さをなぜか身近に感じてしまった。
    本でした。

  • 怖いというよりは気味の悪さがまとわりつくようなホラーだった。
    終わり方と祝山という名前のトリックがよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

祝山(いわいやま) (光文社文庫)のその他の作品

祝山 (光文社文庫) 文庫 祝山 (光文社文庫) 加門七海

加門七海の作品

祝山(いわいやま) (光文社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする