アルモニ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

監督 : 吉浦康裕 
出演 : 松岡禎丞  上田麗奈  沼倉愛美  大地葉  松本健太 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年11月28日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126429140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 押しつけがましいファンタジーでもないし、食傷する甘ったるい青春でもなく、でも監督のよさが出ていると思う。
    結末もわりと好き。
    25分の作品、物足りないけどその物足りなさが逆に爽やかさになっているかもしれない。

  • なんとも中途半端な作品であった。
    青春のチクチクドキドキ作品なんだけど、あまりにトゲが柔らか過ぎて、違和感のある優しさを感じた。

    うーんて感じで、25分じゃなくてもう少し時間があったらなとか、この作者はパテマみたいなファンタジック世界観でこそ活きるのかなとか思いました。

  •  青春時代の1ページを25分間のショートアニメで切り取った作品。
     誰しも自分だけの世界を持っている。ファンタジーという名前でくくってはいけないくらい壮大な世界がそれぞれの心の中にあって、時にそれは夢で、または空想の世界で無限の可能性を秘めている。電車の外を見ていたら、そこに走っている自分がいて、土管に落ちないように飛んだり、かわしたりしながらずっと一緒にに走っていく。冒険とは、自分の中にあるからこそ、逆に他人には理解ができない。
     本作の素晴らしさは、恋愛の一端をこうした世界観の共有というきっかけがあり得るという無限の世界で表したことにあると思う。ちょっとしたファンタジーが、現実の世界では起こりえないのだけど、でも期待してしまう。大人になると、しごく現実的な世界だけを見てしまうからこそ、ファンタジーが羨ましくもなるものだ。

  • 吉浦監督がアニメミライで参加した短編アニメーション。現実世界の学校と、夢の物語とのコントラストが綺麗に描かれています。主人公のちょっとおどおどした態度にリアリティがあって親近感を覚えます(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アルモニ コレクターズ・エディション [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする