化学探偵Mr.キュリー2 (中公文庫) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (196ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第2弾、5つのお話が入ってる短編集。私のお気に入りアイドルの剣也くんがまた出てきてくれて嬉しいです♪ 沖野先生への想いが成就すると良いねと応援したくなるw 事件は青酸カリの事がビックリだった… サスペンスもの大好きだから見ますが、そこでよく使われる表現の「独特のアーモンド臭」は私も完璧に勘違いしてたなぁ! あと最後の人魂事件も面白かったです。

  • ここにいたって、まだ恋愛感情がないのがいいので、このままホームズとワトソンの友情を築いて欲しい。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

喜多喜久(きた よしひさ)
1979年、徳島県生まれ。
東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了後、大手製薬会社に研究員として勤務する兼業作家。
2011年『ラブ・ケミストリー』にて第9回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞し、デビュー。同作の「有機化学ミステリー」シリーズ、「化学探偵Mr.キュリー」シリーズが代表作。

化学探偵Mr.キュリー2 (中公文庫)のその他の作品

喜多喜久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする