名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (200ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小蔵屋のコーヒー豆は、横浜のミトモ珈琲商会から卸してもらっているものだ。珈琲好きの三友社長の好意でかなりの安値で卸してもらってきた。
    その三友が高齢を理由に会長職に退き、娘の令が社長に就任することになった。草は横浜に出向き、令と話をしようとするのだが、約束の場所に彼女は現れず......。

    2015年6月27日読了。
    小蔵屋シリーズの第3弾になります。今回も親子や師弟間の問題に、なぜか首を突っ込むことになってしまった草が大奔走。さらさらっと読めてしまいました。
    ちょっと寂しいのは、小蔵屋でのシーンが減ったことですね。お店の中での風景が結構好きなので、なんとなく物足りない気がします。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1964年、埼玉県生まれ。群馬県立女子大学文学部美学美術史学科卒業。2004年、「紅雲町のお草」で第43回オール讀物推理小説新人賞を受賞。著書に「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ『誘う森』『蒼い翅』『キッズ・タクシー』がある。

名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)のその他の作品

吉永南央の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする