8時間睡眠のウソ。 [Kindle]

  • 日経BP社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 睡眠に関する最新の知見を得られる本。サーカディアン・リズムが25時間というのは間違っているというのは知ってた。この本に書いていないネタだと、盲目の人は光によって周期がリセットされないので、しだいにずれていってしまうらしい。詳細は下記リンク。
    https://www.medscape.org/viewarticle/465494_4

    睡眠障害に悩んでいるなら☆5だが、俺にとっては今すぐに役立つ内容ではなかった。俺の場合は単純に睡眠時間が不足しているだけであり、それは残業によって生じることが多い。どうするべきか。この本に書いてあったように午前中に居眠りするか。

  • 毎月レンドルミンを処方してもらわないと、中途覚醒が激しいバリバリの不眠症だ。だからというわけでもないのだが、昔から睡眠には興味があって、いろいろな本を読んできた。近年はいろいろと研究も進み、過去の定説や都市伝説が否定されたり裏付けられたりしているとのことで、話題の近著『8時間睡眠のウソ』を読んでみた。

    川端裕人の素人臭い語り口が安っぽいものの、20年来の研究に裏打ちされた三島和夫の説明にはなかなか説得力がある。中でも目から鱗が落ちたのは「『よく眠った』という印象と、実際の睡眠の質は関係がない」という話。深く、長く眠れていることが(脳波などで)計測できていたとしても、眠った本人がよく眠れなかったと感じることは稀ではないらしい。逆に言うと「よく眠った」という感覚が一体何者なのかは、現代の科学ではまだ判っていないらしい。不眠症は睡眠の問題である可能性もあるが、心の問題(端的に言えば思い込み)である可能性もあるとのことで、なるほど思いあたる節もあるので、少し意識を変えてみようかと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

8時間睡眠のウソ。のその他の作品

三島和夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする