10歳から身につく 問い、考え、表現する力 僕がイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書) [Kindle]

著者 :
  • NHK出版
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (161ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 娘が10歳になったため、これからの関わり方を知りたくて手にとった。親として、自分で考え、判断し、それを表現できる子になるため、どうアプローチすべきか何となく分かった気がする。何でも親がやってしまうのではなく、関わり方を考えて行きたいと思う。センター試験のやり方も変わるらしいし。

  • 「正しく学ぶ方法と、自ら問うことを忘れなければ、君はなににだってなれる」ということがメッセージの本書。

    最近、方向の合った努力は報われる的なことをよく聞くけど、10歳ぐらいでこの言葉に出会ってたら、どう反応してたかなーと思いながら読み進めてみました。

    イェール大学がすごい大学ってことすら知らなかったけど、
    「教養教育」=「どんな困難な状況でも適切な判断を下し、問題を解決し、新しい価値を生み出す原動力となる不動の学び」を目指してるとのこと。「問う」「考える」「表現する」を養うことだそうで。

    まさに、日本教育から生まれた僕(そもそもの「問う」ことが苦手。)のような人間ばかり作らないためにも。そっから脱出するためにも、是非。

    以下面白かった部分のざっくり引用。
    ・古代中国で、食客を養い、色々な意見・知識を求めることができたのは貴族だけ。でも現代社会はネットでその特権を手にしている…ただそのことを意識して、準備していますかと。
    ・問いを発し、論理的に考え、仮説を設定して、検証する。頻繁に抽象と具体を往復。いきなり具体的な正解に飛びつくな。
    ・本を読むメリット[コストが安い][一定の品質保証][自分の知識・価値観との照らし合わせ]
    ・passiveに過ごすか、activeに過ごすか。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

英語塾「J Prep斉藤塾」代表。元イェール大学助教授。元衆議院議員(2002-03年、山形4区)。1969年、山形県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D. 政治学)。ウェズリアン大学客員助教授、フランクリン・マーシャル大学助教授を経て、イェール大学助教授、高麗大学客員教授を歴任。2012年、アメリカより帰国し、東京・自由が丘にて中学・高校生向けの英語塾を起業。

10歳から身につく 問い、考え、表現する力 僕がイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書)のその他の作品

斉藤淳の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする