インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 [DVD]

監督 : ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 
出演 : オスカー・アイザック  キャリー・マリガン  ジョン・グッドマン  ギャレット・ヘドランド  ジャスティン・ティンバーレイク 
  • 東宝 (2014年12月17日発売)
3.25
  • (12)
  • (28)
  • (44)
  • (18)
  • (4)
  • 本棚登録 :210
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104088987

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジで頑固
    なフォークシンガー、ルーウィン・デイヴィス
    は知人の家を転々とするその日暮らしの日々を
    送っていた。そして、ある日泊めてもらってい
    た家の飼い猫が逃げ出してしまい成り行きから
    猫を抱たまま行動することになる。
    おまけに手を出した友人の彼女から妊娠したと
    責められてしまい、ギターと猫を抱えてニューヨークから逃げ出すルーウィンだつた。
    ジョエル&イーサン・コーエン監督がボブ・
    ディランが憧れた伝説のフォクシンガー、デ
    イブ・ヴァン・ロンクをモデルに描いた感動の
    音楽ドラマです。全く知らなかった映画でした
    が見つけて観れて良かったと思った作品です。

  • コーエン兄弟の映画らしく、あまり起伏のない、たまに笑いのある、哀愁ある仕上がり
    面白くはないわな

  • このコーエン兄弟作品はバッチリはまりました。
    ずっとずっとずーっと観たかった。

    キャリー・マリガンの矢継ぎ早に出る暴言がとても好き。
    オスカー・アイザックの歌声がたまらない。
    皮肉めいた台詞も好き。
    猫がいい。

  • これが面白いって人はよっぽど音楽に精通しているんだろう。
    もしくは映画の手法に詳しいのか。
    私みたいなパンピーには良さがさっぱりわからない映画でした。

  • 元の相棒や、元彼女&今彼女(?)のことももっと知りたかった。
    シカゴへの道中の太ったオッサンも良い味を出していたのでチト消化不良。

    とは言っても、全体的にはとても好きな物語。

  • ひとり、音楽しかできない。家族も恋人もいる・いたのに。仕事をするにはある程度の人付き合いが不可欠であるにもかかわらず、たいへん不器用な主人公で、なんとか改心してもらえないものかと思ってひたすら心配しているうちに話が終わってしまいました。

  • コメディなのかはわからなかつたが、と生活が展開され、独特の雰囲気をだしている。
    いかにもコーエン兄弟という程癖はないが、オリジナリティは感じた。

  • 劇中の演奏が聞き応えあり。コーエン兄弟らしいユーモアもちらほら。雰囲気もいい。背景知って観るともっと面白い。

  • ジョエル&イーサン・コーエン監督が、60年代にボブ・ディランらとともにニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンで活躍したデイヴ・ヴァン・ロンクをモデルに描く音楽ドラマ。
    才能はありながらも不器用ゆえに成功から見放された名もなきフォーク・シンガーが、猫を相棒に繰り広げる冴えない流浪の日々を、ペーソスとユーモアを織り交ぜしみじみとした筆致で綴る。

    コーエン兄弟の映画は好みでないんですが、『バーバー』ど真ん中当たり、これも当たった、ほろ苦さがいい。

  •  60年代のニューヨークの売れないフォーク歌手の1週間を描く。

     色々と背景が分かってないと楽しめない映画みたい。
     ただ、劇中の歌はどれも聴き応えがある。どれも生で撮った歌らしい。すごい。
     

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする