東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (31)
  • (46)
  • (43)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 511
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (175ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんで結婚したいんやろうね?

  • 20代の頃から
    転んだら自分で立ち上がってきたので
    30代になって甘えられなくて辛いという
    気持ちがいまいちわからず…

    主人公たちは美人だったからこそ
    辛いのよね。
    男性に対して上から目線だし。

    と、ブスの僻みで冷めた目で見てしまうけど

    彼女たちが幸せになれるような
    ラストが気になるので読んでます。

  • 友達のiPhoneで読ませてもらった。友人曰く、「ショック、辛すぎる、若い子大嫌い」と衝撃を受けていたようだが、想定内の内容であるし、所詮少女漫画だなと思った。該当年齢の人たちにとっては気持ちの良い漫画ではないのは確か。

  • 自分もアラサー女子だけど、世の中のアラサー女子って、こんな感じなの?

  • 読了。

    (170731)

  • こういう女、ほんといるね!それで自業自得だよね!っていう。
    でもそういう女の実際ってこんな若い男の子と出会えたりなんかしないから現実見ようね!っていう。
    いやーこの胸くそ悪くなるような女たちの反面教師っぷりが面白いんだろうけど、正直耐えられない。たまに下りてくるご都合主義かさらに耐えられない。

    でもあとがきの「東京オリンピック」のくだりはほんとに超うなずきました。
    いままでぼんやりとしていた五年後とか十年後とか、そういう漠然としたビジョンが、一気にクリアになったから。いままでオリンピックを何回も経験してきて、家族で見ていたりひとりで見ていたり友達と見ていたりしていたそのイベントを、二〇二〇年にいったい誰と見るのか。想像しやすすぎて。
    そしてまた実際のところ、オリンピックが東京になったと決まったとたん、
    「東京オリンピックまでに子どもが欲しいよねえ」
    とか、えええ今からか!タイトなスケジューリングだな!みたいなことを大学の同期の子たちも突然云いだし始めたりもして。
    そうなんですよねえ。
    二〇二〇年に誰と見ているかなんですよねえ。
    とか、そこは激しく同意しました。
    分かる。

    でももう二巻目はいいかも。お腹いっぱいです。

  • 面白いし商業的には大成功のマンガだけど、本気で追い込まれているアラサーは直視できまへん(笑)

  • 男にもこんなのはいるな。

  • アラサーをアラフォーと間違えるあたりね、若者。たしかにキレイなアラフォーよりは若いブス。これ世の中の男性は意外と気づいてると思う

  • これが独身アラサー女の実状なのかはさておき、なかなか面白かったです。
    女の「賞味期限」は短い?
    本当にそうか? 本当にそうか?

    常識や偏見にとらわれていなかったら、俗世間にぴったりとそって生きようと思わなかったら、もっともっと自由に自立できるはずだと思うんだけどな。
    結婚しなくちゃまずい、なんて嘘だろう。

    私にはやっぱりわからない。

    2016.9.16.

著者プロフィール

日本一筆が速い漫画家。その活躍分野は少女マンガから青年漫画まで、恋愛マンガからギャグ漫画まで多岐にわたる。

「2017年 『東村アキコ完全プロデュース 超速!! 漫画ポーズ集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)のその他の作品

東京タラレバ娘(1) (KC KISS) コミック 東京タラレバ娘(1) (KC KISS) 東村アキコ

東村アキコの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする