ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか [Kindle]

  • NHK出版
3.87
  • (46)
  • (69)
  • (44)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 782
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (231ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 瀧本さんの関係から、この本に到達。
    正直それほど期待はしていなかったが、予想以上に良い。
    単なるスタートアップ礼賛ではなく、成功した起業家の他との違い、特に市場のとらえ方、企業のタイミングなどの点は、ぼんやりと考えていただではわからない点だった。また、「モノづくりオタク」で終わってはいけない、営業を軽視するなというメッセージも腑に落ちた。

  • このくだりを読むだけで本書の価値はまぎれもない。「アメリカ人は競争を崇拝し、競争のおかげで社会主義国と違って自分たちは配給の列に並ばずにすむのだと思っている。でも実際には、資本主義と競争は対極にある。資本主義は資本の蓄積を前提に成り立つのに、完全競争下ではすべての収益が消滅する。だから起業家ならこう肝に銘じるべきだ。永続的な価値を創造してそれを取り込むためには、差別化のないコモディティ・ビジネスを行なってはならない」

  • 車の中で聴くオーディオブック5冊目は、2015年ビジネス書大賞『ゼロ・トゥ・ワン』。
    これが書かれた当時は、著者ピーター・ティールはペイパルの共同創業者で、フェースブック初の外部投資家で…あたりが枕詞だったと思うが、今や時の人。シリコンバレー界隈にあってただ一人、当初からトランプを推し、政権移行チームにも加わった。彼がトランプを推したことについてはここでは取り上げないが、(民主党の)大きな政府に反対であることは、本書からも伝わってくる。
    ところで、本書のタイトルになっている0から1を生み出すという発想、ワタシには既視感があった。意外に思われるかもしれないが、それは少し前に本書同様オーディオブックで聴いた『仕事は楽しいかね?』だ。同書の中では、リーバイスなど現存する企業の創業の経緯などを具体的にいくつも挙げているが、これらは0を1にしたケーススタディと言っていいだろう。創業者が自身の頭で考え、気づきを得て、それを形にして世に出す。ティールが指摘するのは、いわゆる世間の常識に拘ったり流されたりするのではなく、自分の頭で考えることの重要性だ。だからこそ、本書ではのっけから「賛成する人がほとんどいない真実は何か?」と問いかける。
    実際のところ、ティールは自身で考えに考えている。本書がすっきり明快に感じられるのが何よりもその証左だ。常識から持ってきた発想や言葉ではなく、初めから終わりまですべて自分の考えに基づいている。そんな本書が送り出すメッセージは、常識を疑え、ということだ。世の中を変えるようなものは、常識からは決して生まれてこないことを彼は強調する。
    こう書くと、世の中を変えたいなどと思っていない人には本書は響かないのか、というツッコミがありそうだが、さにあらず。世の中を変えることはできなくても、自分を変えることはできる。そのためのヒントが本書には散りばめられている。それはちょうど『仕事は楽しいかね?』の中で繰り返し指摘されていた「明日は今日とは違う自分になる」に通じるものだ。
    『<インターネット>の次に来るもの』を読んでいる時に本書を意識し、本書を読んでいる時に『仕事は楽しいかね?』を意識した。続けて読んだ3冊が、ワタシの中で奇妙につながった。

  • この本での重要な問いは最初に提示されている。
    「賛成する人がほとんどいない、大切な真実とはなにか」これを探求せよと。
    隠れた真実をどうやって探すのか、また隠れた真実を探し出せたとしても、その後どうすればよいか。小さく始めて競争を避け、特定市場の独占企業となる。プロプライエタリ・テクノロジーを持ち、ネットワーク効果、規模の経済を活かす。規模を拡大し、その際にできるだけ破壊はしない。そして最初でなく最後の参入者になれと。
    こうしたことを徹底的に考え抜き、計画し、実現することができなければ、スタートアップでの成功はない、ということでもあるのだろう。
    リーンスタートアップでよしとされた(誤解された?)アプローチよりも、最初からなにをすべきか綿密にビジョンを練り上げる重要性を伝えている。
    簡単なことではないが、いつかそれが見つかるかもしれないと期待して、まだ人が気づいていない大切な何かを意識して考え続けてみよう。

  • paypa創業者のピーターティールが母校のスタンフォード大学で行った起業講義を纏めた本。

    競合するのではなく、いかに市場を「独占する」か。
    過去のベストプラクティスはそのうち行き詰まるため、新しいことがベストなやり方であり、いかに垂直的進歩を行うかが重要になる。

  • 冒頭で述べられているように、近年、コンピュータサイエンスおよび通信技術が驚異的に発展したが、それのテクノロジーは相対的にはそれほど発展していないかもしれない。また、生活も、コンピュータサイエンスの発展ほど、劇的に変わっていないかもしれない。
    スマホの窓の中では、驚異的な発展があり、technological singularityを真剣に検討しなければならくなっているが、それが現実世界においてどれほどの変化をもたらしたかは、まだあいまいだ。
    私は、ソフトウェア技術を生業としてきたが、技術そのものはもちろん、その発展を実際の生活においても役立てられるような社会変化をもたらすにはどうすればいいのか?という関心がある。

    ニーチェは、狂気の定義の難しさ、いな、もっと言えば定義不可能性を示してくれた。狂気とは、道徳と同様に、社会通念、マジョリティーからのお下がりでなされる定義であり、何かの定義から演繹的に判断できるものではない。
    これはバブルも同じだ。株価バブルも、バズワード、流行も、それが「狂気」や「一過性のブーム」なのか、あるいは「ターニングポイント」だったのかは、後置的である。すなわちそうなるようにするほかない。

    曖昧な悲観主義は自己予言的、曖昧な楽観主義は自己矛盾的。アメリカのシリコンバレーでさえ、計画より、リーンスタートアップというダーウィン主義がはびこっている。リーンであることは手段であり、目的ではない。闇雲にやって成功したものを選べばいいという、最悪なダーウィン主義ではなく、

  • 何人かに勧められて読んだ本。
    例え話も多く、読みやすいかった。

    新ビジネスを始める上では、「隠れた真実」に取り組むことと、競争をさけることが大事というのは納得。

  • まずまず面白かったと思いますが、投資家やIT業界の人以外の共感は得にくい本かも知れません^^;。ただ、こういった考え方もあるんだなという事を知るという意味では意味のある本だったと思います☆

  • スタートアップのバイブル本

    ブルーオーシャン戦略の魅力について語りつくしている。

    これ読むとビジネスおこしたくなるよね

  • 水平的成長 1-n
    垂直的成長 0-1

    リーン:柔軟な=計画のない

    競争をするのではなく,どうしたら競争をしなくて良くなるか

    今日の企業価値はその企業が将来に生み出すキャッシュフローの総和
     ー>この企業は長期にわたり利益を上げられるか,存続できるか

    独占=ブランド,NW効果,規模の経済,proprietryを商品に組み込む
    独占の手始め=小規模だがライバルがいない市場

    進化=計画なき進歩

    MVP=実用最小限の商品

    隠れた真実はもうこの世にはないというメンタルブロック
    価値=隠れた真実を見つける事 自然の隠れた真実,人間の隠れた真実

    Skin in the game,利害の一致 経営者の報酬は多すぎると現状維持の圧力が働く

    すべての企業文化はニヒリズムとカルトの間のどこかに位置する.コンサルが前者,家族企業が後者

    ”エンジニアは売ることよりもクールなものを作ることしか考えていない.でも,ただ作るだけでは書いてはやってこない.売ろうとしなければ売れないし,それは見かけより難しい”

    "広告はすぐに物を買わせるためにあるわけじゃない.のちの売り上げにつながるような巧妙な印象を刷り込むためにある”

    ”セールスは本質は変えず,見栄えを変えるための組織的なキャンペーン.”

    ”エンジニアの目標は「何もしなくても売れる」ようなすごいプロダクトを作ることだ” しかし実際は”「最高のプロダクト」が勝つとは限らない”
    →見透かされている

全57件中 1 - 10件を表示

ピーター・ティールの作品

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×