日出処

アーティスト : 椎名林檎 
  • ユニバーサルミュージック (2014年11月4日発売)
4.20
  • (18)
  • (20)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :150
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005854377

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:


  • 林檎様には、頭が上がらない。
    どうしてこんなに素晴らしいんだろう。

  • お気に入りのアルバム。何度聞いたことか。
    東京事変が解散してしまったけれど、椎名林檎サウンドはそこからまた一歩艶が出たイメージです。
    お気に入りは「静かなる逆襲」、「走れゎナンバー」、シングルで気に入っていた「ありあまる富」あたり。「静かなる逆襲」は昔の椎名林檎っぽさがあります。歌謡曲とロックが合わさったような曲調と、東京の都会的イメージをバックにした妖艶な女性の一人語りの世界。
    「走れゎナンバー」はとてもイントロが印象的で、ジャズっぽい編曲だけど、ギターのチャカチャカした音と笛の音が気持ちよい。気だるい印象の曲。
    「ありあまる富」はどこか母性を感じられる歌詞。心の豊かさを静かに歌い上げる曲です。

    リオオリでも使用された「ちちんぷいぷい」も収録されています。もちろん歌付きです。リオ以降はすっかりスポーツ的イメージがついてます。

  • 今更ながら、、聴き直し

    いやぁ、色っぽい。
    カッコいい

    あの、ウィッて色っぽい声はなんなん?
    私だったらビール飲んだ時にしか出ない…

    違うか

  • 糞アルバム
    08 いろはにほへと
    10 カーネーション
    11 孤独のあかつき (信猫版)☆☆☆
    12 NIPPON
    13 ありあまる富

  • 大好きなんです。

  • とにもかくにも

    とても好きな曲が


    たくさん入っている

  • 「静かなる逆襲」で先制パンチをくらって、
    その勢いのまま「自由へ道連れ」になだれ込む流れが最高に好き。
    シングル・タイアップ曲が多いのにバラバラしてなくて
    「ありあまる富」で、すとんと終わるのも気持ちいい。

    この人のプロ根性は本当にかっこいい。
    ナタリーのインタビュー(http://natalie.mu/music/pp/sheenaringo03)も良かった。

  • ありあまる富がいい。やっぱり一枚目、二枚目が一番好き。ラジオでこの間、椎名林檎フランクザッパ説を唱えていて、ああ、たぶんこの人のその部分は僕はあまり好きではないんだなという理解をしました。ただ、声が大好き。

  • かっこいいなー

  • 曲目リスト

    01. 静かなる逆襲
    02. 自由へ道連れ
    03. 走れゎナンバー
    04. 赤道を越えたら
    05. JLOO5便で
    06. ちちんぷいぷい
    07. 今
    08. いろはにほへと
    09. ありきたりな女
    10. カーネーション
    11. 孤独のあかつき (信猫版)
    12. NIPPON
    13. ありあまる富

全16件中 1 - 10件を表示

日出処のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

日出処を本棚に登録しているひと

ツイートする