マルドゥック・スクランブル(3) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 講談社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 因果応報

  • 冲方丁もどこかに士郎正宗の影響をがっちり受けている残滓があちこちに散らばっていて、オマージュなのかパクリなのかが正直微妙。はさておき。レアの「あたしの頭をイジリやがったわね!!」はバトーさんの「俺の目盗みやがったな。」に通ずるものがある。と、個人的には思っている。「お前の言う人間性にしがみ付く行為にいったい何の意味があったんだ?」サイボーグ化、ドーピング。戦争には不可欠なアイテムの向こうには、歪んだ「人間性」があるっていうのも型どおりすぎではあるが。

  • まず3巻まで。今やすっかりヒットメーカーとなった冲方丁、その出世作のコミック化。わりとハード目な原作に比べ、柔らかい絵柄は想定外で少し違和感があった。だけど、2巻過ぎたくらいからは気にならなくなる。原作の雰囲気を壊すことなく、それでいてしっかりと作画側のテイストを入れ込む、と言った感じでうまいことバランスが取れている。原作の忠実なコミカライズ、というには少しずれるが、悪くないと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)。1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。

マルドゥック・スクランブル(3) (週刊少年マガジンコミックス)のその他の作品

冲方丁の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

マルドゥック・スクランブル(3) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする