陰翳礼讃 (角川ソフィア文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川学芸出版
3.90
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (114ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有名な、陰翳礼讃と、その他七つの随筆。どれも読みやすく、奥深く、そしてゆるく、素晴らしかった。
    以下、収録作品(特に好き→◎、好き→○)。

    ・陰翳礼讃
    ◎現代口語文の欠点について
    →美しい日本語の文章とは、ということをとことん考えている。社会人になってから、ビジネス文書の世界の理想の文章(簡潔で、誰が読んでも誤解のない文章)というものが「良い文章」だという考えになんとなく染まってきていたが、それはあるひとつの基準でしかないということを思い出した。折りにつけ読み返したい。
    ○らん(りっしんべんに頼)惰の説
    →洋室に火鉢を持ち込んだり絨毯に寝そべったりしてしまうのは、我々東洋人の持ち前たる「億劫がり」が心に根を張っているからだ、と。面白い。
    ・客ぎらい
    ・ねこ
    ◎半袖ものがたり
    実利主義の大阪人の着ている「半袖」なる衣服、江戸育ちの谷崎から見ると野暮そのもので内心馬鹿にしていたのだが、ある夏、暑さに耐えかねてそれを着てみたとき、単に暑さから解放されただけでなく、自分の心の中の変な見栄や気取りからも自由になった気がした、というくだりがとても好きだ。
    ・厠のいろいろ
    ○旅のいろいろ
    近鉄奈良線だかなに線だか忘れてしまったけど、奈良方面に向かう電車の風景好きだったなあ、ということを思い出しました。

  • 美というのは常に生活の実際から発達する

    美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える

  • 陰影とか実はあまり関係ない、面白いエッセイ。この本について「陰影ガー」とか言っている人は読破していない人なので要注意。

  • 谷崎といえば変態小説というイメージしかなかったんですが

    なんでしょう、この厠に対するこだわり。

    下が菜の花畑で人が歩いているトイレとかなんなんでしょう。高所恐怖症は用を足せませんよ、どうしてくれるんですか。蛾の羽のトイレとか、読者はもうどうすればいいんでしょう。

    ごめんなさい、文豪とまで言われているこの人のイメージはもう変態とトイレです。


    「陰翳礼讃」は陰影を礼賛していました。
    今時の◯◯寺ライトアーップ! 桜もライトアーップ! なんてみたら卒倒するでしょうね。



    そうそう。昔、国語の先生が「紹介状持って谷崎に会いに行ったのに居留守使われた!」と、なぜあんなにも憤慨しておられたのか、ようやくわかりました。
    ご存命ならば、
    「ベンガル猫連れて行ったら絶対会ってくれるよ」
    と教えて差し上げたかったです。あの時代はまだ存在していませんでしたけどね、ベンガル猫!

  • 【電子版】

  • 谷崎潤一郎による随筆集。本文庫について、表題にもなっている「陰翳礼讃」は「建築を学ぶ者のバイブルとして世界中で読み継がれる」と裏表紙にて紹介されており、あとがきも建築論的としての「陰翳礼讃」の批評となっていることから、建築論として「陰翳礼讃」を読む人間に向けての発刊となっていることがうかがえる。

    内容はさまざまな日本美について谷崎がその美しさを歌い上げるというものであり、軽妙な語り口も含めへらへら笑いながら楽しんで読み、また学ぶことができた。
    多少疑問に思うような主張もあったが、そのような切れ味のよさがまたよいものであった。

    建築・空間論としては、「陰翳礼讃」だけでなく、「旅のいろいろ」についても旅籠の描写を筆頭に参考になることが多くあったと感じた。

  • 時代には逆らえない・過去は過去で・・今は今・・・自分が生きている「今を大切に」・・・・自分の過去は「大切にしていた今」なのだ・・・・・ただ「辛い過去」は辛い

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1886年東京生まれ。東京帝国大学国文科中退。1920年。第二次「新思潮」を創刊、「痴人の愛」「刺青」「麒麟」を発表。1960年に文化勲章受賞。1965年7月没。

陰翳礼讃 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする