恋する惑星 [DVD]

監督 : ウォン・カーウァイ 
出演 : トニー・レオン  フェイ・ウォン  ブリジット・リン  金城武  ヴァレリー・チョウ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年11月28日発売)
3.33
  • (5)
  • (13)
  • (23)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 119
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126209186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時間があれば

  • 「インファナル・アフェア」を見てトニー・レオンづいているので、見てみた。

    公開後24年たって初めて見る。警官2人の恋ともいえないような恋模様。トニー・レオン目当てだったが一番光ってるのはフェイ・ウォンではないか? 彼女の細い体と、役作りなのだろうがくねっとした動きが、予測のつかない行動によく合っている。部屋への侵入も、それを何の不思議もなく受け入れられる画面の雰囲気がある。もちろんやはりトニー・レオンはいいねえ。あと、屋台のおやじさんがよかった。

    2話からのオムニバスだが金城武の方はちょっとかすんでしまった感。

    1994香港
    レンタル

  •  テレビ放映していたのを録画して鑑賞。
    ああ、懐かしの90年代半ば頃?
    20年以上ぶりの、再鑑賞。

     ウォン・カーウァイ&クリストファー・ドイルの映画は、あの頃の香港映画ブームを語る上では欠かせない。小洒落ていて、酔いそうなアングルの映像、パッと飛び込んでくるビビットで華やかな色彩。とにかく当時、とてもスタイリッシュだった。
    憧れてやまない世界。

     当時私は『天使の涙』が好きで、『欲望の翼』の湿り気のある雰囲気も好きだったけれど、この『恋する惑星』はちょっと苦手だった。フェイ・ウォン演じるヒロインが不思議ちゃん過ぎて、冷めた目で見てしまっていたから。
    また、私のまわりの男性たちも、ちょっと引いてる人が多かった。あの子みたいなことを実際にもし自分がやられたら嬉しいより恐怖しかない、みたいな。
    女性の感想は、すごく好き派と共感できない派にまっ二つ。
    懐かしいなぁ。

     今改めて観ると、また全然違う。
    年をとって、いや積み重ねて観る方としても余裕が生まれているのか、フェイが可愛く見えて仕方がない。
    留守中に家にあがりこんでいたことが意中の彼にバレた時の反応とか、可愛いらしい。
    それに、トニー・レオン!!昔はそんなにカッコいいと思わなかったけれど、今観るときゅんきゅんするのは何故だろう。母性本能をくすぐるタイプ?素敵すぎる。
    彼の良さがわからなかったなんて、残念すぎる。
    たぶん昔もこれだけは思ったと記憶しているけれど、改めて思った。
    トニー・レオンほど白シャツ&白ブリーフが似合う人はいないんじゃないだろうか、と。

     あの頃の時代を代表するような作品のひとつ、といっても過言ではない作品。
    いつかまた、観返したい。

  • 3.0

  • 香港映画といえば香港マフィアかジャッキー・チェンくらいしか浮かばなかった私が、この度こんなにハートフルな作品に出逢えた。

    ハートフルという言葉にまとめられるほど単純ではないんだけど。

    前半と後半にストーリーが分けられていて、それぞれ登場人物もエピソードもまるで違う。違うんだけど、それぞれの舞台となる場所は重なっていて、こんな小さくてごちゃごちゃした街でも様々なエピソードが生まれては消えているんだと、すこしロマンチックな妄想をしたくなる。

    前半の金城武のストーリーは、まるで恋でもなんでもないのだけれど、「恋に期限がある」ことを徐々に受け入れていく主人公の悲壮さが胸に沁みる。

    5年間付き合った彼女に振られるからね。5年よ。さぞキツいでしょうに…。

    彼女を諦めるまで、彼女の好物を毎日食べ続ける姿が苦しいよ。見ていて辛いというよりは、日が経つにつれて彼女を諦めなければいけないと自分に言い聞かせる気持ちが強くなるから。


    それとは対称的に、後半のストーリーはトニーレオン演じる警察官に軽食屋の女の子が恋に落ちる話。
    恋が始まるときって、本当にもう夢中になってしまって、それが終わることなんて考えないんだよね。
    その人に見つめられるだけで胸が高鳴るし、見える景色全てがその人に彩られる感覚がじんじんと伝わってくる。

    究極は主題歌「夢中人」かな。
    歌詞がもう、恋する乙女ど真ん中。

    ”あなたに熱烈に恋をしてしまったみたいだけど
    まだあなたにそんなに近くない”

    という歌詞が印象的だった。


    香港の下町?のゴチャッとした町並みをみていると、到底こんなところには住みたくないわと思ってしまうけど、一度でもそこで素敵な人と恋に落ちてしまったら、どんな景色も恋愛映画の舞台になってしまうんだと思った。

  • トニーレオンの話がめっちゃ良かったな。

    ラストはなんとなく???って感じやけど、全体的なトーンは凄く良かった(^-^)/

    ウォン・カーウァイの映画は、もっと観て見ようかな(^-^)/

  • ウォン・カーウァイ監督の香港映画で、前半は金城武さん、後半はトニー・レオンさんがそれぞれ彼女にフラれたばかりの警察官を演じていました。
    この2つの話に特に関連はありません。

    金城さんは1994年5月1日が賞味期限のパインナップル缶を収集し、その日が過ぎたら全部食べて、酒場で次にやってきた女性を好きになろうとして、麻薬密売人のお姉さんに「パイナップル好き?」って各国語で言うお兄ちゃん。

    しかし、謎の金髪お姉ちゃんが美人設定のようなんだけどサングラスをかけている段階からとても美人に見えなくて残念だった。
    基本的に鼻が低い人にサングラスって似合わないんだよね。

    伝言を聴くパスワードが「1万年愛す」とかベタすぎて引きました。
    前半の話には、全く面白いと思う部分がなかったなぁ~。

    後半主演のトニーさんは、この作品ではめっちゃカッコよく見えた。
    前半ずっと濃い顔の金城さんを見続けてきたから、制服姿のトニーさんがあっさり美男子に見えたのかもね。
    ずっとマヨネーズたっぷりのお好み焼きを食べ続けたあとに冷奴が美味しく感じるような感じ?

    失恋したあと、石けんに「前はもっと丸かったのに痩せちゃって…」とか「寒いだろう。温めてやるよ…」って布にアイロンかけてたり、まぁラブリーっちゃラブリーか。

    元カノが預けて行った合鍵で気になる男性客の家に家宅侵入を繰り返して勝手に金魚を増やしたり模様替えをしたりする頭がおかしい飲食店のお姉ちゃんに惚れるだなんて人が好過ぎる…。

    音楽は良かったし、カメラワークとかクセになりそうな部分はあったけど、内容は痛い映画だったよ。
    いつまでも頭に残るのは挿入歌の『夢中人』だけかなぁ~。

  • オシャレな映画。あと雑居ビル。

  • 二組のカップルの恋愛模様を独特な視点と表現方法で綴る。ウォン・カーウァイ監督の名を世界に知らしめた傑作ラブストーリー。1話目は★いまいち、2話目のトニー・レオン、フェイ・ウォンがすごくいい★★★★★。

  • その時彼女との距離は0.1ミリ。57時間後僕は彼女に恋をした。

    中国の映画なのかな?めちゃめちゃかっこよかった。
    男がダメダメで女がかわいすぎ、な2つの話。

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする