聲の形(6) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.21
  • (14)
  • (18)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「死にたい」と言わせてしまう。

    どうして死骸の写真ばかりを貼っていたのか。
    「死にたい」姿を見つめることで「生きたい」に変わって欲しかったら。

    どのように接していいのかわからないと素直に言えたお母さんが脆くて強い。

    壊れてしまった関係を一つづつ積み上げていこうとする。
    あと1巻で結末する。

  • 繧薙?縲∬オ、陬ク縲?↓縺ェ縺」縺ヲ縺セ縺?j縺セ縺励◆?√??繧薙〒縲∫岼隕壹a縺滉クサ莠コ蜈ャ縺ッ菴輔r諤昴≧?

  •  仕事上の必要があって、大今良時の『聲(こえ)の形』(講談社コミックス)を、既刊1~6巻まで一気読み。
     4巻時点で累計100万部を突破したというから、いまどきとしては大ヒット作と言ってよいだろう。

     聴覚障害をもった少女と、健常者の少年のラブストーリーである。

     ……というと、手垢にまみれた「感動もの」を連想するだろうが、本作には類似作には見られない斬新な仕掛けがなされている。
     主人公の少年を、転校してきた聴覚障害の少女を「率先してイジメた張本人」として設定しているのだ。これは新機軸というか、コロンブスの卵。「ううむ、その手があったか!」と唸った。

     過去の類似作では、イジメた側が主人公になることなど決してなかった。「そんな主人公が読者の共感を得られるはずがない」という、当然の判断からであろう。
     じっさい本作でも、小学生時代のイジメの経緯が描かれた1巻は、けっこう読むのがツライ。しかし、作品全体から見ればその部分はプロローグに過ぎず、2巻以降の展開こそがメインストーリーなのである。

     補聴器をくり返し壊すようなイジメが学校で問題化し、そこからこんどは少年がイジメのターゲットになる。それからほどなく少女は転校し、少年の前から消える。
     周囲から完全に孤立する日々の中で、高校生になった少年は絶望して自殺を決意する。そして、死ぬ前にやり残したこと――あの少女に会って謝罪すること――を片付けようと、消えてしまった少女を探し始めるのだ。

     「死ぬための再会」だったはずなのに、少年は少女に再会してふたたび「生きよう」と思う。贖罪のため、自分が壊してしまったものを取り戻すために……。

    《俺は 俺が西宮から奪ったであろう沢山のものを 取り返さないといけない》

     ……という少年のモノローグは、胸に迫る。

     まあ、身もフタもないことを言えば、「昔自分をイジメていた男子を好きになる障害者の少女なんて、いるわけねーだろ」という気もする。2巻以降のラブストーリー展開はファンタジーとしか言いようがない。
     しかし、基本設定の不自然さは否めないにしても、小学校~高校のクラス内の人間関係の描き方などは、すこぶる繊細でリアルである。

     『少年マガジン』連載の「もろ少年マンガ」なのに、私のようなオッサンにも「つづきが気になって仕方ない」と思わせるあたり、なかなかのものだと思う。

  • 既刊と比にならないくらいに重い。

  • こー展開するとは

  • 収録された第51話は、漫画表現の「発明」と言っても良いのではないかと。衝撃を受けましたし、内容に落涙しました。

    オリジナル版の載った別冊少年マガジンと、読み切りの週刊少年マガジンも保存してあります。別冊での発表当時から好きな作品で、投稿は完結してからと思っていたんですがこの巻があまりに素晴らしかったので書いてしまいました。

    表紙から受ける不安な印象も、前の5冊と好対照ですね。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

聲の形(6) (週刊少年マガジンコミックス)のその他の作品

聲の形(6) (講談社コミックス) コミック 聲の形(6) (講談社コミックス) 大今良時

大今良時の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする