アイ・フランケンシュタイン [DVD]

監督 : スチュアート・ビーティー 
出演 : アーロン・エッカート  イヴォンヌ・ストラホフスキー  ビル・ナイ  ミランダ・オットー  ジェイ・コートニー 
  • ポニーキャニオン (2015年1月7日発売)
2.53
  • (1)
  • (1)
  • (17)
  • (11)
  • (4)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013117983

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 懐かしい・・・、あのロバート・デ・ニーロが演じたフランケンシュタインを懐かしく思い出す。

    あの作品ではフランケンシュタイン博士の作り上げた人造人間の博士に対する想い、そして‘彼’が人間として生きたい想いを切々と訴えるヒューマン・ドラマでした。

    色男アーロン・エッカートをフランケンシュタインに採用し、現世にまで時代を繰り下げた事が各キャラが中途半端な物にしてしまった最大のミスでしょう。残念な作品でした。

  • フランケンシュタインが実在していて、しかも現代まで生きていたという設定は面白いと思いますし映像も楽しめます。
    ただフランケンが天使と悪魔の戦いに巻き込まれるのはいいとして、敵は悪魔の方なのに天使側が馬鹿でクズすぎるのはどうなんでしょ。
    正直悪魔より天使に腹立ってました。
    それ以外は天使も悪魔もやたら弱いとかツッコミどころも満載でしたが、まあ普通に観れました。

  • フランケンシュタイン博士が作ったモンスターが現在まで生きていて、ついに己を受け入れ、人を愛することができるようになるまでのお話。

    1時間半の実写アニメだと思えば、悪くないよ。
    天使と悪魔の戦いに巻き込まれるんだけど、天使サイドがかなり性格が悪くて残念だったけどね。

    音楽と映像は確かに良いです。
    中身は薄いです。
    でも、難しく掘り下げ過ぎないで軽く観るには良いんじゃないかな~。

    そもそもこの作品のモンスターは顔が醜くないので(つぎはぎがあるくらい。)みんなにビジュアルだけで嫌われていた本家とは違うような気がするけどね(笑)

  •  現代まで生き続けているフランケンシュタイン。最初の人造人間である彼は天使であるガーゴイルと悪魔の争いに巻き込まれる。
     
     あまり評判がよくないこの映画ですが、見てみたらそんなに悪くない。アーロン・エッカートのフランケンはけっこう合ってる。
     悪魔は死ぬと魂が炎となって地獄に落ちて、ガーゴイルは死ぬと魂が光となって天に昇っていく演出は綺麗。しかも、これはラストの壮大な画につながってるのも心憎い。
     惜しむらくはガーゴイルはかっこいいのに、悪魔が基本マスクしたただの人って感じなとこか。中ボス的な悪魔がいればもっと楽しめた。

  • アーロンエッカート様のイケメンさしか伝わらないやーつ

  • 時間軸設定があいまいで、
    フランケンの孤独をうまく感じ取れない。
    ガーゴイル対悪魔という新構図を
    打ち出したまでは良かったけれど、
    ガーゴイルをもっと丁寧に描写しないと
    新構図のなにがいいのか視聴者には伝わりにくい。
    ゴシックホラーを単に
    現代に生きるフランケンシュタインとしたら
    面白いんじゃん?という安直さのみが
    ベースになった駄作。

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマ録画にて]

    ■感想
    劇場で観るつもりだったが、行かないで良かった!

    ファンタジー(もどき?)みたいなのにした事が失敗だったと思う。メアリー・シェリーにも失礼な気がするほど。

    これだったら、中途半端なパイロット版で終わった『デュカリオン』の方がまだマシ。面白かったから今でも続きを待っているくらい……(ディーン・R・クーンツの原作を読めば済むことなんだが)。

    ま、ビル・ナイのおじ様が好きなので、★1つにするわけにも行かず、2つまで。

  • 悪魔が死ぬと下に炎が落ちていってガーゴイルが死ぬと青い光が登るのは綺麗だった。
    それから分かりやすい。実は生きてました戦法が通じなくていい。

    登場人物(ほぼ人じゃないけども)が、勝手で中~後編少しずつイラついてくる。
    博士が特に意味不明で、後半相棒を助けるために仕方なく泣きながら蘇生しているのかと思ったら途中で止めたけどそれって、ま、まさか命惜しさ?
    死んだ方がましっていった直後にまさかね……と疑問に思ってしまった。

    ガーゴイルは間抜けな描写ばかりで、そのうち負けそうな気しかしない。

  • アーロン・エッカートはアーロン・エッカートであった。
    いい男すぎ。

    ガーゴイルの女王の判断ミスがなければ、
    もっとうまくいったのになあ。と思うのは私だけ?

  • フランケンシュタインが悪魔と戦う不死身のヒーローになっている映画
    分かりやすいストーリーがいいっす

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする