図解 自分の気持ちをきちんと<伝える>技術 人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ [Kindle]

著者 :
  • PHP研究所
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (141ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己表現が上手く出来ない人には、2つのパターンがある。

    非主張的な人:
    トラブルや衝突を避けるために、自分の意見を押し込めている人。
    一見相手を立てているようだが、ただの八方美人であり、「こっちが譲ってあげたのに何で感謝してくれないんだ!」などと勝手に怒ったりする。

    攻撃的な人:
    自分が正しいという思い込みの元で、「向こうも正しいかも」とは考えず、相手の意見は無視する人。
    一見ハキハキとものを言う人に見えるが、自分の意見を押し通そうとするあまり、攻撃的になることすらある。

    この両方を合わせたものが理想的なコミュニケーションであり、それを「アサーション」と呼ぶ。
    それは『自分の気持ちは正直に言うが、相手の気持ちも正直に言って欲しい。その上で互いに歩み寄っていこう』というスタンスを示す。


    そもそもコミュニケーションは難しいものであり、伝えたい事が正確に伝わらない方が当たり前である。
    ゆえにコミュニケーションを繰り返し、簡単に「伝わった」と決めつけたり「あの人は話が分からない」と諦めたりせず、互いの認識をすりあわせていかなければならない。
    それはカメラのピントを合わせる作業に似ている。

    アサーティブになるための第一歩は、自分の気持ちをハッキリと自覚すること。

    人は成長過程の中で、表現してはいけない感情や欲求を身につけてしまう。
    そして使われない感情は、やがて自分の中で忘れ去られていく。
    だが人間は元々感情を持つ動物であり、どんな感情や欲求を持っても、誰からも責められる必要はない。
    物事に対して、どう思うか、どう判断するかは、自分の責任で自分が決めて良いのである。
    また同時に、相手には相手の気持ちがあり、どう思うかは相手の自由であるため、それを否定しないようにする。

    次に、それを伝えようと思うこと。

    人は、普段は大丈夫でも、特定の相手や状況でアサーション出来ないというパターンが多い。
    それは無意識に、遠慮すべき相手や避けるべき人を判別しているためである。
    だが自分を正直に表現する事は基本的な人権であり、誰に対しても、自分の気持ちを正直に伝えて良いのである。
    伝えなければ何も始まらない。まずは恐れず、自分をオープンにしてみる。

    そして最後に、伝え方を工夫すること。

    人にはそれぞれの価値基準があり、同じ言葉を伝えても、受け取り方は人によって異なる。
    また、伝えたいことを全てを同時に伝えることは出来ず、コミュニケーションの中で少しずつ伝えていくしかない。
    だからこそ表現方法や伝える順番、内容を工夫して、相手に受け取めてもらいやすいように伝えなければならない。


    自分は思いっきり「非主張的」な部類に入っており、会話の後に「本当はこうじゃなかったのに」と思ってしまうことが多い。
    そんな自分を変えたいと思って本書を手に取ってみたが、とても良い影響を受けられた。
    いきなり変わるのは難しいが、少しずつ実践していこうと思う。

    読みやすく、イラストも綺麗。
    とてもオススメできる一冊。

  • 自己表現のタイプには、非主張型、攻撃型、アサーティブ、があり、非主張型の人は緊張度の高い生活を送り、攻撃型の人は孤立しやすい、といったことは周囲を見ていて非常に納得感があった。

  • コミュニケーション関連で他の人から勧められたので購入。
    自分の気持ちを伝える、表現する技術として、アサーティブコミュニケーションを丁寧に解説している。場面ごとでの会話術の具体例も挙げており実践的。
    自分の気持ちを伝える、伝えないの選択の前に、自分の気持ちに気づいているかなどコミュニケーションの技術とその背景として良い意味で理論的アプローチが取られている。

  • 2020/11/19

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

平木典子(ひらき・のりこ)
1959年 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
1964年 ミネソタ大学大学院教育心理学修士課程修了
現在 IPI統合的心理療法研究所顧問、臨床心理士、家族心理士
主著 『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』(金子書房、2000)
  『図解 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術』(PHP研究所、2007)
  『図解 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術』(PHP研究所、2012)
  『アサーション入門』(講談社、2012)
  『アサーションの心』(朝日新聞出版、2015)
  『マンガでやさしくわかるアサーション』(共著 日本能率協会マネジメントセンター、2015)
  『ビジネスパーソンのためのアサーション入門』(共著 金剛出版、2016)
  『こころのふしぎたんたんけんえほん』(監修 PHP研究所、2016)
  『いろんなきもち―自分の心を大切にしてしあわせになる方法』(翻訳 保育社、2020)
他多数

「2021年 『三訂版 アサーション・トレーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平木典子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×