探偵映画 [Kindle]

著者 : 我孫子武丸
  • 文藝春秋 (2009年12月10日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (204ページ)

探偵映画の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 叙述トリックと言うやつですね。

    林看護婦の死んだ原因がイマイチはっきりしていないのだが「女主人は林看護婦を意図せず突き落して殺してしまった」と言うこと?
    そして女主人はそのことに気付かなかったという解釈であっているだろうか?

    小説だから成り立つが、実際にあの場面が現実にあったら犯人はあきらかに女主人でしょうね。
    でもすっかり騙されました。読後感は良いです。

  • 面白かったー!スピーディなテンポの良さと絵的な分かりやすさ、コミカルな展開、そして最後はハッピーエンド。西澤保彦の「七回死んだ男」とその辺りが似てるなと思いました。読みやすい文章で、古臭い感じがなかったです。トリックは映画ならではの納得のラスト。主人公と一緒に考えていましたがそれは思い付かなかった。人が死なないので、てんやわんやあれどもとりあえずは平和で、読後感も物凄くいいですね。

全2件中 1 - 2件を表示

探偵映画のその他の作品

探偵映画 (講談社文庫) 文庫 探偵映画 (講談社文庫) 我孫子武丸
探偵映画 (文春文庫) 文庫 探偵映画 (文春文庫) 我孫子武丸

我孫子武丸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

探偵映画はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする