僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.97
  • (14)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (197ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメコミをベースとした作品。あまりアメコミに触れたことがないので一般性はわからないが、新鮮に読めている。次巻以降にも期待。

  • 無料版。

    アニメで一度見ているのでほぼ知ってるストーリー…というか、アニメがかなり原作を忠実に漫画化していることがわかる。
    キャラの作画もほぼ一緒と言っても良いのでは?原作ファンからしたらあのアニメ化はかなり嬉しかったんじゃないかなーと思った。
    アニメの二期もまだ見ていないので、うーん、これは原作をまだ読まずにアニメを見ようという感じ。
    書き下ろしページのセンスが結構好きだ。

  • 学校行事の謎の多さ

  • アメコミ調のヒーロー漫画
    主人公が頭が良いというのは、これからの展開で力が使いこなせないという部分で面白くなりそうです。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    コレは面白い。
    全人類のほとんどが大なり小なり何かの特殊能力を持つようになってしまった世界。
    そんな中でなんの特殊能力も持たずに産まれてきた主人公君。
    そんな彼がいかにしてヒーローになるか・・・
    というお話。
    ジ・エンドやAREA・Dとかと設定はかぶるが、主人公が無能力者であるというのがちょっと違う。
    オールマイトさんのアメコミヒーローっぽい絵柄がかなり好きだなあ。
    そしてマッスル時と平常時のギャップもかなり好き。
    コレは機会があれば続きも読んでみよう。

  • 良い

  • あ、えっと、タイガー&バニー・・・??

    って思った同志の方がたくさんいらっしゃると思う。
    でもすごくジャンプ的。
    それぞれみんなの個性、大事にしよう!的なメッセージ性も強くて。

    でもタイバニだよな。

  • < ワンパンマン

  • 最近のジャンプの新しい連載の中ではダントツの面白さ。
    『ヒーロー』に憧れた少年が真のヒーローになるために邁進していくという一見王道の内容となっているが、むしろその王道さが良いと思う。
    また登場人物は多いがそれぞれヒーローとしての『個性』を持っており、尚且つそれぞれが特徴的なキャラとなっているため魅力的に感じる。
    今後も注目の一作!

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)のその他の作品

堀越耕平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする