新世紀エヴァンゲリオン(14) (角川コミックス・エース) [Kindle]

著者 :
制作 : カラー 
  • KADOKAWA / 角川書店
3.53
  • (8)
  • (14)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書解禁第1号。最終巻が出たということもあり、だいぶ前のセールの時に購入してからずーーーっと積kindleでしたが1巻から最後まで読了。休み休み読んだのでちょっと時間がかかってしまいましたが。
    まずは懐かしかった。もう20年前ですかね。初めはそれほど期待せずにTVを見ていましたが、ぐんぐん面白くなったものの、最後の方は?????で終わりましたが。映画の方もいろいろ物議をかましたみたいで。じぶんはちゃんと見ていないのでその辺りわかりませんけど。一度映画も見ないとなー。
    もっとマンガオリジナルな感じもあるかと思ったけど、ほぼテレビ通りな感じでしたね。少し拍子抜けな気もしたけど、思い出し思いだしで良かったかな。
    マンガの最後は、碇シンジが、たとえ辛くても人間であることを選んだ最後でした。やり直しというか前に進んだ世界なのか。残念でかわいそうだけど、死んだ人は戻らなかった。そして、碇ゲンドウも救われたのかな。ユイに諭され、シンジに「生きろ」と言えて。うまくまとめた感じですかね。まあ、その結論、なんかもっと早く辿り着くこともできたんじゃないのか、という気がしなくもないけど。結局はゼーレよりも一枚も二枚も上手な碇ユイの思惑通りってことかしら?
    それよりも、最後の最後で真希波マリが出てきたのはビックリ。時代設定ってあっているの?
    あの世界観を20年前に作れたのはすごいと思うのですよ。そして今もメディアに出てくるというのもね。

  • Airから分岐してのグッドエンド、という感じ。おまけエピソードが予想通りだったけど…ウワーッ!

  • 連載開始から18年かけてようやく完結。世代ど真ん中としては終われてよかったね、と。各キャラクターの性格付けを変えたり、断片的だった情報を整理してわかりやすくしたりと、TVシリーズから旧劇場版の流れをベースにしつつ漫画版独自の作品になっている。同じエピソードでも、登場人物の言動やその動機なんかが結構違っている。全体を通して読むと、永遠の中二病的作品だったもにが、よりストーレートな少年の成長物語として再構成されているのがよくわかる。これはこれで悪くない。まあ、18年の間に少年はすっかりおっさんになってしまったけど。
    あとは、新劇場版がちゃんと完結してくれるのを願うばかりです。

  • マンガ版エヴァンゲリオンを完読、一気読み。
    貞本版はちゃんと伏線回収してくれて、投げっぱ読みたいになってなくてよかった。納得の読後。

  • 全14巻。少年の心の葛藤と壮大な成長物語。読んでみて、人気があるのが分かった。

  • サードインパクトの正体は未だに理解しがたい。「人と人とが完全に理解し合うことは決してできぬ。人とはそういう悲しい生き物だ」碇の意見はごもっともだが、フラットな世界が幸せとは限らない。「始まりと終わりは同じ所にある」そうかもしれないが体力・知力ともに異なるわけで。いい歳した大人がそんなこともわからんのかと思ったり。「人の心がその人の形を作ってる。自らの力で自分自身をイメージできれば誰もがヒトの形に戻れるわ」なんだか3×3EYESみたいな着地点だったなと思う。希望を捨てちゃいかんという着地点は悪くないのだが。

  • 百合最高でした

  • 電子書籍にて再読。

  • いきなり真希波でてきて驚いた。

  • まとめ買いで。
    評価はあくまで本巻のみでの星。悪く言うと、大層な描写が多くて理解を読者任せにしてる。いや、最後とそこまでに至る部分はそれで良いようにも思うけど、それならそれ以前(前巻?)にもう少し総括的な内容があっても良かったかなと。
    全巻通してとても面白いテーマだと思うし、著者の描きたいことが何となく感じ取れただけに、途中から猛スピードで進行して終わった(ように感じた)のでやや残念だった。
    ただ、自身の読解力や想像力のなさもあったりするので、そのあたりを手助けしてくれるような情報に触れて、また読み返してみたいとも思った。

全16件中 1 - 10件を表示

新世紀エヴァンゲリオン(14) (角川コミックス・エース)のその他の作品

貞本義行の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

新世紀エヴァンゲリオン(14) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする