謎の独立国家ソマリランド [Kindle]

著者 :
  • 本の雑誌社
4.53
  • (18)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • WEB本の雑誌で最初のほうを読んでいたので、読んだことない部分が少なかったらどうしようと不安だったんだけど(そういう点、電子書籍は全体量を目で見られないのが難かもしれない。あと、いずれ書籍化するものはWEBに載せないでくれたほうがいいかもと勝手に思ったり)、もちろん、読んだことない部分が膨大だった。
    でも、膨大さなんて感じさせないおもしろさ!
    いちばんおもしろかったのが、「海賊行為をおこなうための見積もり」を立てるところ。なんだかものすごくわくわくした。見積もりなのに。つまり、ただの妄想なのに。
    やっぱり、そういうどうでもいいっていったらあれだけど、高野さん自身の感想とか考えとか妄想とかがすごくおもしろかった。現地の氏族制度とか、だれとだれが争っていてっていう戦国時代の武将みたいな話は、まさにその武将になぞらえた説明はとてもとてもわかりやすいと思うのだけど、やっぱり細かい部分とかわたしの場合なかなか頭に入らない感じはちょっとあったかも。(すみません。頭が悪いうえに歴史も苦手)。

    あと、笑ったのが、そこらじゅうに肩から銃を下げている人がいるのが、最初こそ恐ろしげだったものの、だんだん、流行りのちょっと変わったショルダーバッグみたいに見えてくる、とか、そういった表現がいちいちおもしろい。

    それにしても、失礼ながらこれまでまーーーったく興味もなかったし、これからなにかわたしがかかわりをもつとは思えない、ソマリランド、という国についてやけに深く理解して、親しみをもつようになった気がする。わたしも高野さんのように、ソマリランド独立を支持したい、とまで思った。

  • これは読み応えのある本だった。そもそもソマリランドって国があることすら知らなかったし、関心もそれほど無かったが、この本を読んでどんな国か理解できた。
    近隣の紛争地域とは異なって、至って平和な国になるにはどんな過程を経たのかを著者の入り込む取材によってとてもリアルに感じることができた。
    お酒が禁じられているのでカートというドラッグ見たいな葉っぱをむしゃむしゃ食いながら、現地の人たちから様々なことを聞き出していく著者のパワーに圧倒された。これぞジャーナリストだなと。
    一番驚いたのが、海賊がきちんとしたビジネスとして機能しているところだった。その気になれば船を調達して、人員を配置して、外国人の商船を拉致して、身代金を要求し、調停役の長老と相手国の企業と交渉してもらうことができる。船のチャーター料、船員の人件費、調停役の長老への謝礼等を考えて、身代金の額をいくらにすれば利益がどれくらいになるかを計算するのだという。まさにビジネスだ。そりゃ海賊なくならない筈だわ、と思った。
    他にも氏族を大前提とした民族同士の結びつきや政治のあり方など、いろいろ学べるところが多くてとても面白かった。良書。

  • 多分今年一番の楽しい読書体験となった秘境(?)ノンフィンクションです。
    2014年発行の電子書籍で一冊選べと言われたら確実にこれを推せます。

    ……いや、これは本当にノンフィクションなんだろうか。あまりにも知らないことが多いため、マイケル・ビショップやロバート・ホールドストックの描いたような文化人類学テーマSFの一つだと言われたらそう思い込んでしまいそうなところもある。

    筆者は次第に現地人に同化していってしまうし、そして終盤に"ラスボス"が現れるところとかその構成のフィクション臭さ(失敬! 構成の上手さ) からもそう思える。しかし、万が一この国に関するお話がすべて作り事だとしてもとてもとても面白かったから許せる(笑)。

  • 高野ワールドにハマったついでに再読。1回目の時に感じることができなかった、この本の面白さに気づかされた。
    どんどんとソマリの世界に引き込まれていく筆者の心情が、まるで映画のように目の前に次々と現れる。
    それでいて、学術書にも負けないぐらいのソマリ現地調査結果も盛り込まれている。

  • 情報があふれ、なんとなくわかったつもりで思い込んでいることも多い。でも私の生きている世界なんて、ほんの狭い範囲。その中の常識なんて軽く超えちゃうことが世界にはまだまだ溢れているし、それを知ることでとても謙虚な気持ちになる。好奇心が刺激され、明日に向けて生きるワクワク感も溢れてくる。全く違う世界へ、旅に出たい。

  • 意味深な題だけれども、内容はかなりシリアスなルポルタージュとなっている。日本の武将の歴史になぞらえているところは、違和感がないではないが、わかりやすいというメリットはあると思う。
    ソマリアといえば、長い無政府状態で相当悲惨な状況かと想像していたが、人間とはたくましい生き物らしい。そもそも我々はどれだけソマリ人のことを知っているのかと、思い知らされる内容であった。

  • ソマリア内部にある独立(を称している)国家ソマリランド他、の話。高野さんはガチで潜入というか言語まで学んで同化していくから、入り込みっぷりが凄くて読んでて臨場感が凄い。未知なる世界、がライフワークなんだなぁ、と。ちなみにブラックホークダウンはソマリアが部隊だけれど、この本を読むとUSはここでもやり方ミスったんだなぁ、と思わされる。

  • ソマリアと言えば、(本文中でも紹介される)『ブラックホーク・ダウン』の舞台であり、著者がソマリアを訪れたころも、日本ではソマリア沖の海賊船による誘拐事件が日々ニュースになっていたし、南部ソマリアは「リアル北斗の拳」状態だった。そんなソマリアに、独自の通貨を発行し、憲法に基づいた民主主義政体を持つ国家ソマリランドはあるという。ラピュタを探すような旅の始まりから、著者が完全にソマリランドに同化し、ソマリ氏族の一員となるまでを、軽妙に描く。

    ソマリランドは確かに平和な国だったようだが、「平和な国でした」では本にならないということで、著者は海賊国家プントランドと、戦闘下の南部ソマリア モガディショへも足を運ぶ。何もそんな危険なところへ行かなくても…と思う人もいるかもしれないが、この素晴しい一冊をモノにできるのであれば、生涯に悔いはないとしたものだろう。研究書として見ても、歴史書として見ても、超一級の重要資料で、辺境作家 高野秀行 畢生の大作。

  • 「謎の独立国家ソマリランド」 : 文化の多様性とはこういうことか。学ぶこと多し:ぶんじんのおはなし:So-netブログ
    http://bunjin.blog.so-net.ne.jp/2015-06-28

  • 世界のハジで細々生きてるなあ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』をきっかけに文筆活動を開始。「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。辺境地をテーマとしたノンフィクションや旅行記等を多数発表している。主な著書に『アヘン王国潜入記』『未来国家ブータン』など。『ワセダ三畳青春記』で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。『謎の独立国家ソマリランド』で第35回講談社ノンフィクション賞、14年同作で第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。

「2018年 『間違う力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

謎の独立国家ソマリランドのその他の作品

高野秀行の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

謎の独立国家ソマリランドを本棚に登録しているひと

ツイートする