ノア 約束の舟 [DVD]

監督 : ダーレン・アロノフスキー 
出演 : ラッセル・クロウ  ジェニファー・コネリー  エマ・ワトソン  アンソニー・ホプキンス 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2015年1月28日発売)
2.47
  • (1)
  • (4)
  • (32)
  • (20)
  • (11)
  • 本棚登録 :157
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113831789

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 聖書はいつか読んでみようと思っている。
    数々の映画や本の元ネタであり、多大な影響を与えているらしいからだ。
    聖書の知識とキリスト教的感性を学ばないと、いまいち理解できないものもあるだろう。
    しかし、未だ読めていない。
    そんな状態でこの映画を観賞。
    結果観て良かった。面白かったし、感動した。

    カインも興味深かったし、次男の「どうして兄さん達だけカップルなんだ。」みたいな俗物的で切実な思いにも心をつかまれた。

    総じて俳優さんたちが皆熱演。
    CG を使ったスぺクタルシーンも目を見張った。

    なのに世間的にはいまいちだったようで残念。

  • 前情報をなにも見ないで行ったら子供のころに読んだノアの箱舟のようなものを想像していたのですごい修羅場を見せられてびっくりした。あんな状況じゃハムもぐれるよなーと思いつつエマ・ワトソンが美人だったのでそれで満足。

  • アダムとイヴ カインとアベル ノア=ラッセル・クロウの方舟 双子の女児 ワインがば飲み 野苺 三男ヤフェット 福音 蛇の抜け殻 光 岩 長男セム 腹に傷を負い不妊に 最後の人類 神の使命 人間の照明 血筋 動物達のつがいを眠らせる 次男ハムは家族と袂を別つ

  • もう一つ。
    日本人には、馴染みが薄いお話しなのかもしれないが、分かりにくい設定。

  • 2014/06/29
    神話とか、そういうのは好き。ファンタジー好き。でも、たくさん人が死ぬのはなー
    運命、宿命、使命、愛、妬み、家族
    何を守るべきなのか、考えさせられました。。

    エマ(イラ役)→相変わらず可愛い(^^)顔小さい!
    ラッセル・クロウ(ノア役)→見た顔、と思ったら、レミゼの敵の警察官ジャベール役の俳優さんね!
    ハム役は、パーシー・ジャクソンの子なのね。映画みてないけど、ファンタジー好きとしては気になってるんだー。

  • 確かに人がいなければ地球の寿命は伸びるし生態系を壊すこともなかった。ノアの家族が背負った世界の創造と破壊はさぞ重いものだったろう。神様の選択だと信じられなければ逃げ出したいにちがいない。企業においても創造と破壊っていう言葉はよく使われるが、それがホントに正しいかどうかがわかるのは先の話だ。人が欲にのみ込まれずに暮らしていくのは難しいと思う。程度の差はあっても人はみんなわがままだ(尾崎豊の詞にもそんなフレーズがあったなぁ)。そのために誰かが犠牲になるのは悲しい。救われるべき命は救われてほしい。特に子どもたち。生まれながらにして邪悪な心は持っていない。大人に見せたり教えてたりするのだろう。ノアはそれをリセットする役目だった。でも、双子の姉妹に愛おしさを感じてよかった。動物だって赤ちゃんのことは全力で守ると思う。神様にお伺いすることでもない。

  • 旧約聖書を下敷きに、かなり脚色を加えた映画。しかし、SFとしてもディザスターとしてもヒューマンとしても宗教映画(?)としても中途半端。

    荒野で生活しているはずのノアはなぜ太っているのか。
    堕天使達は結局何だったのか。
    メトシェラ(ノアの祖父)が突然登場し、かなり重要な役割をした(奇跡を起こした)のに突然あっさり死んだが、結局何だったのか。
    ノア一族とカインの末裔達の違いは殺人の罪を背負っているかどうかという点なのに、ノアが人をガシガシ刺してるのはよいのか。
    人間の王トバル•カインがわざわざ箱舟に潜伏したが割とあっさり死に、このくだりは必要だったのか。
    ノアの人間滅亡への執着は結局何だったのか。

    この映画は、勘違いサイコおじさんの孫殺し未遂映画というかんじでした。壮大なCGの無駄遣い。

    あと個人的にはノアは牧歌的で愚直な好々爺というイメージなので、やはりこの映画のノア像は好きにはなれなかった。

  • 最後はノア自身が試されたということか。

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマにて]

  • 聖書にまつわる大層な造りかと思いきや、岩の巨人なんかが登場してファンタジー要素もあり。

    ノアってそんなに偉いのか・・・

    内容さっぱり理解できず残念。

全22件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする